JリーグPRESSBACK NUMBER

“仙台のヘリコプター”中原貴之、
ユアスタの伝説と手を抜かない姿勢。

posted2019/05/06 17:00

 
“仙台のヘリコプター”中原貴之、ユアスタの伝説と手を抜かない姿勢。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

中原貴之が伝説となった2009年の湘南戦。写真で見ても驚くべき打点の高いヘディングだった。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 かつて杜の都には「最強のジョーカー」がいた。中原貴之。ベガルタ仙台の平成史に、この名前はしっかりと刻み込まれているはずだ。令和元年のちょうど10年前。仙台は7年ぶりのJ1復帰を目指し、J2を戦っていた。

 平成21年(2009年)のユアテックスタジアム仙台に詰めかけていた観客は、後半15分も過ぎた辺りからいつもそわそわしていた。そして、お待ちかねの背番号9がタッチライン沿いに姿を現すと、ボルテージが一気に上がり、あらんかぎりの声量で大きな歌を響かせた。

「解き放て~、ナカハラ~、ゴール。俺たちの、ナカハラ~、野獣を野に放て~」

誰よりも跳び、空にとどまった中原。

 盛り上がっていたのは、ファン・サポーターだけではない。本人のテンションも上がっていた。心のスイッチが入り、自然と力がみなぎってきたという。昨季限りで、JFLのラインメール青森にて静かにスパイクを脱いだ34歳の元ストライカーは、昨日のことのようにあの頃を振り返る。

「なんで野獣と呼ばれていたのかは分からないですが、あの歌が聞こえてくると、気持ちが入りましたね。僕への期待感が伝わってきて、絶対に点を取ってやるぞっていう思いになったんです。特に'09年の雰囲気はすごかった。僕が試合で点を取れば、さらに会場は盛り上がりましたし、僕の気持ちもさらにぐっと上がりました。選手とサポーターの気持ちが合致していたのかな」

 '09年は途中出場33試合(先発を含めると36試合)だけで、10ゴールをマーク。誰よりも高く跳び、誰よりも空に長くとどまることができた。空中戦では無双だった。

 同年7月22日の第29節・湘南ベルマーレ戦での2ゴールは、ユアスタの伝説となっている。0-1の後半17分からピッチに入り、驚異のジャンプヘッド2発で試合をひっくり返した。

【次ページ】 梁勇基も驚いた「ヘリコプター」。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中原貴之
ベガルタ仙台

Jリーグの前後のコラム

ページトップ