Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<エキスパート解説>
シャビが語るプレミア2強の完成度。

posted2019/04/26 07:30

 
<エキスパート解説>シャビが語るプレミア2強の完成度。<Number Web> photograph by Getty Images

ファンダイク(左)とアグエロのマッチアップは、今季のベスト争いを象徴する。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

CLの前年覇者が勤続疲労で瓦解し、ドイツ勢も凋落傾向。 そんな今季、魅力的なサッカーを展開しているのが、プレミアで熾烈な優勝争いをするマンCとリバプールだ。 「どちらがベストなのか」、元バルサのシャビに話を聞いた。

 今季も欧州のサッカーシーンが佳境に入ってきた。そのシーズンの流れ、趨勢を表すのがCLのベスト8だと思うが、その顔ぶれを見ても複数のスタイルのサッカーが覇権を争う興味深い1年になったと思う。

 ディテールは異なるものの、大きく分けるとバルセロナとマンチェスター・シティの2チームは同じ枠に属し、それとは反対側にリバプールとユベントスが位置した。ある程度完成しているこの4チームとは違い、勢いと若さで急成長するアヤックスもCLを盛り上げている。アヤックスもバルサとシティのような、自分たちが主導権を握り積極的に仕掛けていくサッカーだ。レアル・マドリーとユベントスを破った試合はかつてのオランダサッカーの魅力が溢れていて、とても興奮したね。

 リーグ戦を含めたパフォーマンスを見ると、今季のベストチームと言えるのはバルサ、シティ、リバプールにアヤックスだろうか。

 CLでは大激戦の末にトッテナムに敗れてしまったが、個人的にサッカーの内容で注目しているのはシティだ。最大の強みはやはりグアルディオラの存在にある。

 昔から近くで見てきたが、ペップという人間はアイディアに溢れているだけでなく、常に新しい“何か”を生み出そうとする唯一無二の監督だ。率いたチームには必ず足跡を残していき、それはグアルディオラ印ともいうべきものだ。バルサもバイエルンもそうだった。シティのサッカーを見ていると「ああ、ペップのチームなんだな」と感じることが多い。

 だけど、ペップはシティのサッカーを変えるんじゃない。ペップは選手の「サッカーを見る目」を変えるんだ。分かりやすいのがフェルナンジーニョのプレーだ。彼のプレーは決して派手じゃない。でも、ひとつひとつのパスを見ても誤った判断がまったくない。僕から見て彼はパーフェクトなMFだ。地味だけれど素晴らしい判断の数々。これはペップが教え込んだんだなと感心したね。フェルナンジーニョの存在は、現在のシティにとって非常に重要だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

シャビ
マンチェスター・シティ
リバプール
ジョゼップ・グアルディオラ
ユルゲン・クロップ
バルセロナ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ