マンチェスター・シティ 

不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由

欧州サッカーPRESS

不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由

9試合を消化した今季のプレミアリーグ。11月23日時点のビッグ6を整理してみよう。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/11/25

アーセナル?リバプール? 日本で1番人気のプレミアクラブは…都道府県別に調べてみた<マンU好きの2県も…>

欧州サッカーPRESS

アーセナル?リバプール? 日本で1番人気のプレミアクラブは…都道府県別に調べてみた<マンU好きの2県も…>

永遠のテーマが『結局日本ではどのチームが一番人気なのか』というものだ――00年代後半あたりからアーセナルが徐々に勢いを伸ば… 続きを読む

山中拓磨Takuma Yamanaka

海外サッカー

2020/11/21

プレミア移籍市場・通信簿 チアゴにベイル、ハバーツ…BIG6以上に大成功したのは?

球体とリズム

プレミア移籍市場・通信簿 チアゴにベイル、ハバーツ…BIG6以上に大成功したのは?

結局、今回のプレミアリーグの移籍市場は、パンデミックの影響をほとんど感じさせなかった。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/10/21

強すぎフロンターレの数字をリバプール&マンC、全盛バルサと比べても違和感がない衝撃

JリーグPRESS

強すぎフロンターレの数字をリバプール&マンC、全盛バルサと比べても違和感がない衝撃

川崎フロンターレが、強すぎる。 続きを読む

斎藤純Jun Saito

Jリーグ

2020/10/21

ビエルサ考案「4-1-1-1-3」の“ORIGINAL”な衝撃 「システムは10個」と豪語するワケ

欧州サッカーPRESS

ビエルサ考案「4-1-1-1-3」の“ORIGINAL”な衝撃 「システムは10個」と豪語するワケ

2002年、福島Jヴィレッジの監督室──。荒川が経験したビエルサによる個人レクチャーはシステムの話から始まった。「その時にシ… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/10/15

ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証

欧州サッカーPRESS

ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証

10月3日、エランド・ロード(リーズ・ユナイテッドの本拠地)で行われたリーズ・ユナイテッド対マンチェスター・シティは注目の1… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/10/15

リバプール&マンC「2強時代」に割り込むのは……2020-21プレミア大展望

プレミアリーグの時間

リバプール&マンC「2強時代」に割り込むのは……2020-21プレミア大展望

昨季、2位には18ポイント、3位には33ポイントもの大差をつけたリバプールは、プレミア連覇を狙う今季も優勝の最有力候補であり続… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/09/17

“奇人”ビエルサ「その血が必要なのです!」、グアルディオラとの“11時間の議論”

欧州サッカーPRESS

“奇人”ビエルサ「その血が必要なのです!」、グアルディオラとの“11時間の議論”

ビエルサはペップの質問にこう答えた。「私にはその血が必要なのです!」ビエルサとペップによる「11時間の議論」という、あまり… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/09/11

CFGはなぜマリノスを選んだ?日本から世界的ビッグクラブへの道。

ワインとシエスタとフットボールと

CFGはなぜマリノスを選んだ?
日本から世界的ビッグクラブへの道。

「われわれは世界規模でのスカウトチームを持っている。私もそこに関わっている。選手の獲得についてはすべてのクラブをサポート… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/01

マンチェスター・シティ発の世界戦略。B・マーウッドのサッカービジネス論。

ワインとシエスタとフットボールと

マンチェスター・シティ発の世界戦略。
B・マーウッドのサッカービジネス論。

「世界の市場においてわれわれはマンチェスターで学んだことを適用し、ビジネスをはじめ様々な領域で発展を遂げた。多くの指標は… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/01

プレミア“真夏の移籍市場”が熱い!マンUが狙うサンチョ、クリバリー。

プレミアリーグの時間

プレミア“真夏の移籍市場”が熱い!
マンUが狙うサンチョ、クリバリー。

当初は遅くとも9月頭には閉まるはずだった今夏の移籍市場も、7月27日にオープンしたばかり。10月16日が最終日となるが、最後の12… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/08/19

異例CL、真夏のリスボン短期決戦。世情に沿った大波乱は連鎖するか。

球体とリズム

異例CL、真夏のリスボン短期決戦。
世情に沿った大波乱は連鎖するか。

過去4シーズンの優勝チームだけでなく、過去3シーズンの全ファイナリストがベスト8にひとつも残れなかったわけだ。世の中と同じ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/08/12

“CLの王様”レアル撃破、マンCの妙。冴えるグアルディオラ流ハイプレス。

球体とリズム

“CLの王様”レアル撃破、マンCの妙。
冴えるグアルディオラ流ハイプレス。

勝負を決するリターンマッチでは、マドリーではなく、シティの守備がカギとなった──同じディフェンスでもレアルのように相手を… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/08/08

CL処分撤回でマンCの逆襲が始まる。大型補強に“後継10番”覚醒の予感。

プレミアリーグの時間

CL処分撤回でマンCの逆襲が始まる。
大型補強に“後継10番”覚醒の予感。

BBCのニュースキャスターは「大きな勝利」と伝え、『タイムズ』紙では「大きな痛手」と報じられた。マンチェスター・シティに対… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/07/19

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

球体とリズム

マンC、資本の力でCL出場禁止回避?
モウが皮肉、クロップは未来を憂慮。

今回のマンチェスター・シティ──オーナーのシェイク・マンスールと言った方が正しいか──の勝訴は、最新の刳(えぐ)い事実を… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/07/16

クロップの熱いリバプール優勝談話。「重圧を背負ってきたジェラードに」

球体とリズム

クロップの熱いリバプール優勝談話。
「重圧を背負ってきたジェラードに」

望まれた形ではなかったものの、リバプールが30年ぶりのイングランド1部リーグ優勝を決めた。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/06/26

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

プレミアリーグの時間

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。
悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

サッカーはサッカー。そして、プレミアリーグはプレミアリーグ。6月17日に訪れた今季の再開は、イングランド庶民が抱いていた「… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2020/06/21

取材拒否のペップがクライフ愛を激白!?「監督で最も重要なこととは……」

フランス・フットボール通信

取材拒否のペップがクライフ愛を激白!?
「監督で最も重要なこととは……」

あなた方は、私がこう評価されているのを聞いているかも知れない。「ペップ、君は本当に素晴らしい監督だ」と。でもそれは忘れて… 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

海外サッカー

2020/06/08

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?

欧州サッカーPRESS

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/26

ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。

欧州サッカーPRESS

ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。
マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。

2012年、プレミアリーグはまだマンチェスター・ユナイテッドの天下だった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

海外サッカー

2020/05/01

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ