今日も世界は走っているBACK NUMBER

極寒の東京マラソンで2時間4分台。
アフリカ勢が教えてくれた真の強さ。

posted2019/03/09 08:00

 
極寒の東京マラソンで2時間4分台。アフリカ勢が教えてくれた真の強さ。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

大迫傑も苦しんだ低温での東京マラソン。最終的にケニア、エチオピア勢の地力を見せつけられる格好となった。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 期待された東京マラソン2019は冷たい雨に見舞われた。

 スタート時の天候は小雨で、気温は5.7度。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が、肩のあたりをさすっていた映像が寒さを物語っていた。

 振り返ると、2007年にスタートした東京マラソンの第1回大会も同じような天候だった。雨脚は今年よりも強かったと記憶している。

 そんな悪条件にも関わらず、第1回大会は完走率96.3%という高さ。完走率の高さは、沿道の応援が100万人を超える首都東京で開催されるビッグレースのひとつの特徴となった。

 今年の完走率は94.3%、過去ワースト2位である。

 途中棄権した大迫傑を含め、リタイアした市民ランナーの多くは低体温症になったと推測できる。

日本人でサブテンはいなかった。

 トップアスリートにとっても市民ランナーにとっても、今年の東京マラソンは過酷な気象条件となった。

 2020東京オリンピックを目指す日本勢は、堀尾謙介(中央大)を筆頭に、今井正人(トヨタ自動車九州)、藤川拓也(中国電力)、神野大地(セルソース)の4名が粘りのレースでオリンピック代表選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)出場権を獲得した。

 とりわけ、堀尾が大学生として初のMGC出場資格者となったことは喜ばしいニュースだ。

 しかし、サブテン(2時間10分未満で走ること)ランナーは1人もいない。昨年は設楽悠太(ホンダ)の日本新記録(当時)を筆頭に、9名のサブテンランナーを輩出した。それと比べると、残念な結果に終わったことは否めない。

 42.195kmという長丁場、コースの高低差や風、気温などの気象条件も異なるマラソン競技は、様々なファクターで記録が大きく左右されるサバイバルスポーツである。

 ただ速いだけではない、悪条件をはねのける“強さ”も要求されるのだ。

【次ページ】 悪条件でも自己最高と33秒差。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大迫傑
堀尾謙介
今井正人
藤川拓也
神野大地
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ