神野大地 

東京マラソンは勝敗の前にタイム!大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

オリンピックPRESS

東京マラソンは勝敗の前にタイム!
大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

レース当日の気象条件にも左右されるだろうが、願わくば日本記録を更新し、圧倒的な強さを見せた選手が東京行の最後の切符を手に… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

マラソン

2020/02/27

「山の神」3人の5区を徹底検証。4代目の条件となるタイムとは?

Number Ex

「山の神」3人の5区を徹底検証。
4代目の条件となるタイムとは?

5区の結果が混戦が予想される往路の優勝争い、そして翌日の総合優勝の行方を大きく左右することが予想されるため、箱根山中の戦… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

駅伝

2019/12/13

<「山の神」全員集合! スペシャル座談会>今井正人×柏原竜二×神野大地「山上りと名ランナーを語ろう」

Sports Graphic Number Special

<「山の神」全員集合! スペシャル座談会>
今井正人×柏原竜二×神野大地
「山上りと名ランナーを語ろう」

彼らに襷が渡ればタイム差は関係なかった。急峻を平地に変えたかのような走りは新春の風物詩となった。活字メディアで初めて一堂… 続きを読む

雨宮圭吾Keigo Amemiya

駅伝

有料

2019/12/12

極寒の東京マラソンで2時間4分台。アフリカ勢が教えてくれた真の強さ。

今日も世界は走っている

極寒の東京マラソンで2時間4分台。
アフリカ勢が教えてくれた真の強さ。

期待された東京マラソン2019は冷たい雨に見舞われた。スタート時の天候は小雨で、気温は5.7度。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

マラソン

2019/03/09

「山の神」はやっぱりしぶとかった。今井と神野はなぜ生き残れたか。

スポーツ・インテリジェンス原論

「山の神」はやっぱりしぶとかった。
今井と神野はなぜ生き残れたか。

カチカチカチ。42.195kmを走り終えた選手たちが、報道陣が待つミックスゾーンを通っていく。あまりの寒さに、歯がぶつかり合う音… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2019/03/05

2019年の箱根駅伝はどうなる?勝負のポイントはやはり“山”。

第94回箱根駅伝(2018)

2019年の箱根駅伝はどうなる?
勝負のポイントはやはり“山”。

1区でルーキーの西山和弥(1年)が飛び出すと、2区の相澤晃(2年)は区間3位の好走でその差を維持。3区のエース・山本修二(3年… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

駅伝

2018/01/11

名監督だけど気分は「友達」!?箱根4連覇目指す青学・原監督の心。

箱根駅伝PRESS

名監督だけど気分は「友達」!?
箱根4連覇目指す青学・原監督の心。

卒業生は、年賀状を書くわけでも、あえて「恩師」と呼ぶわけでもないという。「たとえば高校を卒業してから高校の監督に会いにい… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

駅伝

2018/01/01

13位でも、小さくガッツポーズ。神野大地の初マラソンは手応え満載。

スポーツ・インテリジェンス原論

13位でも、小さくガッツポーズ。
神野大地の初マラソンは手応え満載。

「山の神」が初めての42.195kmを走る舞台に選んだのは、福岡国際マラソンだった。神野大地(コニカミノルタ)、2時間12分50秒の1… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2017/12/06

神野大地は坂道が得意じゃなかった?“山の神”の最大の武器は「我慢する力」。

Number Do Ex

神野大地は坂道が得意じゃなかった?
“山の神”の最大の武器は「我慢する力」。

「もともと僕は、坂道が嫌いだったんです。高校の時も坂道ダッシュの練習ではチームで一番遅いくらいでしたし……」 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

マラソン

2017/03/24

神野大地はマラソンでも神なのか。五輪代表3人に勝利した異常な粘り。

今日も世界は走っている

神野大地はマラソンでも神なのか。
五輪代表3人に勝利した異常な粘り。

先頭のカルム・ホーキンス(イギリス)が優勝テープを切ってから間も無く、熾烈な2位争いをする集団がスタジアムに入ってきた。… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

マラソン

2017/02/12

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。

スポーツ・インテリジェンス原論

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。
神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。

混戦になると思っていた。今年の箱根は、「山の神」神野大地が万全ではない以上、復路勝負になる――。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2016/01/06

歴代“山の神”で紐解く5区の重要性。アナウンサーの新称号にも期待!?

今日も世界は走っている

歴代“山の神”で紐解く5区の重要性。
アナウンサーの新称号にも期待!?

2016年の箱根駅伝はいつにも増して話題が豊富だ。まずは優勝争いが気になるところ。前回、驚異的な大会記録を作った青山学院大が… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

駅伝

2015/12/27

[渡辺康幸早大前監督の直前予想]優勝の鍵は“大本命”でないこと。

箱根駅伝2016

[渡辺康幸早大前監督の直前予想]
優勝の鍵は“大本命”でないこと。

いやあ、早稲田の監督を辞めて、立場が変わると気持ちも変わりますね。大学の監督はこの時期、胃が痛くて大変なんですよ。練習を… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

駅伝

2015/12/24

全日本を東洋が制し、箱根は混戦?本命はなお青学も、神野次第では……。

スポーツ・インテリジェンス原論

全日本を東洋が制し、箱根は混戦?
本命はなお青学も、神野次第では……。

全日本大学駅伝。初優勝を遂げた東洋大、酒井俊幸監督の優勝インタビューは予想していない展開になった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2015/11/09

全国男子駅伝でも吹いた青学大旋風。明暗が分かれた、新旧の“山の神”。

スポーツ・インテリジェンス原論

全国男子駅伝でも吹いた青学大旋風。
明暗が分かれた、新旧の“山の神”。

第20回を迎えた全国都道府県対抗男子駅伝は埼玉が初優勝を飾ったが、大会としては「箱根駅伝オールスター」の様相を呈してきた。… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2015/01/19

箱根駅伝は“修行”から檜舞台に。青学のワクワクと、服部勇馬の言葉。

今日も世界は走っている

箱根駅伝は“修行”から檜舞台に。
青学のワクワクと、服部勇馬の言葉。

「“山の神”じゃなくて、今度の箱根の主役は“山の神野”ですから」レースのかなり前から原監督はユーモアたっぷりの話しぶりで… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

駅伝

2015/01/11

青学大の“三代目山の神”誕生秘話。神野大地と原監督が出会った5年前。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学大の“三代目山の神”誕生秘話。
神野大地と原監督が出会った5年前。

2010年夏、菅平高原。2004年に原晋監督を迎えた青山学院大学の陸上競技部は、2009年に33年ぶりに箱根駅伝の出場を果たし、この20… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2015/01/05

監督の情熱が刻む、新たな歴史。青学大「箱根優勝も夢じゃない!」

箱根駅伝PRESS

監督の情熱が刻む、新たな歴史。
青学大「箱根優勝も夢じゃない!」

選手が走り終えて宿舎に帰ってくると、そのあとから、原晋監督が自転車に乗ってやってきた。「選手たちの後ろを自転車で走っとる… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2014/12/09

ページトップ