オリンピックPRESSBACK NUMBER

マラソンでは双子の弟の陰だが……。
設楽啓太の目標は「日本記録更新」。

posted2019/03/06 11:30

 
マラソンでは双子の弟の陰だが……。設楽啓太の目標は「日本記録更新」。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

東京マラソン、2時間14分41秒でゴールした設楽啓太。男子14位でMGC出場権獲得はならず。

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 東京マラソンのフィニッシュエリア、表彰式が行われた丸ビル内で、男子マラソン界の主役のひとりを見かけ、思わず声をかけた。

――厳しいコンディションでしたね。

「きつそうでした」

 そう応じたのは、設楽悠太だ。昨年の東京マラソンで日本記録を樹立し(現在は日本歴代2位)、すでに東京五輪のマラソン日本代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を得ている余裕だろう。もし自身が走っていたら、との問いかけにはこう続けた。

「おそらく佐藤(悠基)さんや大迫(傑)にはついていったと思います。そして最後はたぶん死んでた(苦笑)。それぐらいきつそうでした」

先頭集団についていった組は苦戦。

 設楽が言うように、2019年の東京マラソンは厳しい気象条件に見舞われた。スタート時から降っていた雨はいっこうに降りやまず、1時間半が経過した10時半時点で東京駅前の気温は4.7度まで冷え込んでいた。日本屈指の高速コースで、総じて記録が低調だったのはこの寒さによる影響が大きい。

 序盤からペースメーカーに先導されたケニア、エチオピア勢が日本記録を上回るハイペースで飛ばす中、佐藤や大迫、中村匠吾が果敢に先頭集団に食らいついていったが、佐藤は30km以降にペースダウンし、大迫に至っては寒さで体が動かなくなり29km付近でのリタイアを余儀なくされた。

 設楽は東洋大時代の仲間を応援に来たようだが、1学年後輩の高久龍は2時間11分49秒の9位でワイルドカードでの出場条件を満たせず、双子の兄・啓太もまた2時間14分41秒で14位と結果を残すことができなかった。

【次ページ】 マラソンでは差がついた設楽兄弟。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

設楽悠太
設楽啓太
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

陸上の前後のコラム

ページトップ