Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スペシャル対談>
則本昂大×山田哲人「日本の強さを世界に見せる」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byby Asami Enomoto

posted2017/03/01 09:00

<スペシャル対談>則本昂大×山田哲人「日本の強さを世界に見せる」<Number Web> photograph by by Asami Enomoto
日本代表の投打のキーマン2人が対面。お互いに初めてとなるWBC出場へ向けて今の率直な思いを打ち明け合った。

――昨季の2人の対戦は6月7日の交流戦1試合のみでしたが、そのときのことは覚えていますか。

山田 覚えてますよ。則本さんはやっぱりいいピッチャーで、なかなか厳しかった。でもヒット1本出たので(4打数1安打)。勝ちとは言えないですけど……。

則本 まあ、引き分けやな。

山田 ちょうどいい感じじゃないですか。

則本 あの試合、特に山田との対戦はすごく力を入れた。1、2打席目で三振を2つ取ったけど、3打席目に真っ直ぐで勝負に行ってきっちり打ち返されたので(右前安打)自分もまだまだやなと思ったし、そう簡単に抑えられるバッターではないなと。

――1打席目はフォークで空振り三振を奪いました。

則本 フルカウントでボールは投げられない状況だったので、ゴロになればいいかなと思ってストライクゾーンにフォークを放ったんです。

山田 フォークでしたっけ?

則本 1打席目はね。2打席目はずっと真っ直ぐを続けて、最後にスライダー。意識していただけに、配球もよく覚えてるよ。

――2人の普段の接点は。

山田 そんなにないですけどね。日本代表で会うか、オフのイベントで会うか。

則本 僕が(山田も契約している)アディダスと契約してからじゃないですかね、ちゃんと喋るようになったのは。

山田 則本さんは気さくに話してくれるし、すごく優しいので。気を遣うことなく喋れるというか。

則本 僕のことなんて眼中にないんですよ。

山田 いやいや(苦笑)。

則本 2年連続トリプル3やからね。すべての能力が高いので、対戦相手としては厄介。そりゃチームにいたら心強いだろうし、一緒にプレーしたくなる選手です。

山田 あざっす。

――2人とも初めてWBC日本代表に選ばれて、このオフの調整は難しいのでは。

則本 例年より1カ月ほど前倒ししてトレーニングをしないといけないですし、特にピッチャーは球が違うのでそれに慣れなければいけないので、普段のオフよりもボールに触れている時間が長くなっています。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

則本昂大
山田哲人
東北楽天ゴールデンイーグルス
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ