Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<徹底レポート>
ローマン・ゴンサレスと拳を交えた男たち。
~八重樫東/高山勝成/新井田豊/松本博志~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/02/06 09:00

<徹底レポート>ローマン・ゴンサレスと拳を交えた男たち。~八重樫東/高山勝成/新井田豊/松本博志~<Number Web> photograph by AFLO

'14年WBC世界フライ級タイトルマッチで八重樫はゴンサレスと果敢に打ち合った。

世界で一番強いといわれている男に、かつて4人の日本人が挑んで敗北を喫した。対戦した者にしか分からない王者の実力、そして攻略法を4人の証言から導き出す。

 のちに4階級制覇を達成するローマン・ゴンサレスが初めて世界タイトルマッチのリングに立ったのは2008年9月のことだった。当時の戦績は20戦全勝18KO。受けて立ったのがWBA世界ミニマム級王座を7度防衛していた新井田豊である。

 ゴンサレスは帝拳プロモーションと契約し、既に日本のリングで2度ファイトしていた。'07年11月の初戦で元WBA世界ミニマム級暫定王者エリベルト・ゲホンをボディブロー一発で沈めて初回KO勝ち。新井田に2度挑戦し、いずれも小差の争いを演じたゲホンをわずか69秒で料理してしまったのだから、そのインパクトは強烈だった。

 一方で、童顔の21歳の評価が完全に固まっていたわけではなかった。怪物は本当に怪物なのか? かつて天才とも称された新井田はその力量を確かめる格好のリトマス試験紙とも言えた。


 現在は横浜市内の住宅街でフィットネスジムを経営する新井田が振り返る。

「映像を見て強いとは思いましたけど、(自分の苦手な)サウスポーじゃないし、そこまでパワーがあるとは感じなかったんですよね。パンチも派手じゃなくてコンパクトに打つ。『何とかなるかな』というのが試合前の正直な気持ちでした」

 ふたを開けて見ると、ゴンサレスは瞬く間に主導権を握り、着実に、無慈悲に、V7王者を絞り上げた。弾けるような若さに加え、どこまでもハングリーだった。あの新井田がリング上でまったく打開策を見つけられずにいた。

「序盤にパンチをまとめられたとき、『このラッシュは12ラウンド、最後まで続くんだろうな』というのが分かったんです。今までの相手なら『これは後半まで持たないな』と感じる場面なんですけど、ロマゴン(ゴンサレス)はあれだけコンビネーションを出してまったく疲れていないんです。動きに一切無駄がない。これはきついなと」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ローマン・ゴンサレス
八重樫東
高山勝成
新井田豊
松本博志

ボクシングの前後のコラム

ページトップ