Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<期待される主将のジレンマ>
坂本勇人「野球に全てを捧げられたら」 

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/04/01 06:00

<期待される主将のジレンマ>坂本勇人「野球に全てを捧げられたら」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki
昨季、チーム1の打撃成績を残していながらも、才能ゆえに周囲からはさらなる飛躍を求められる。その立場を自覚しつつも心の葛藤をいま初めて明かす。

「危機感なんてないですね。楽しくやらせてもらってるんで。打つことだけが野球じゃないんで」

 開幕直前のインタビュー。のっけから、坂本勇人は眼光鋭くそう言い放った。

 危機感がない、本当だろうか。

 高卒2年目の'08年、19歳でショートの定位置を獲得すると、瞬く間に巨人の攻守の要になった。'09年に初の3割、'10年に31本塁打、'12年に最多安打で2度目の3割をマーク。だがこの3年間は、打率2割7分前後、本塁打10本台、打点60前後と低空飛行が続いている。守備、走塁での貢献度は高く、昨年は打率、打点、勝利打点もチーム1ではある。が、卓越した打撃センスからすれば、正直、物足りない。

――このままずっと停滞しちゃうんじゃないかとは思わない?

「停滞って……僕が3割を5回も6回も打っていたらわかりますけど、2回しか打ったことがないんです。もちろん、3割も打ちたいし、30本も打ちたい。でも、自分ではこんなもんでしょうと思ってる。周りが勝手に言ってるだけやなって」

――自分の実力よりも、周りの期待や評価が大き過ぎると?

「数字を見たらそうじゃないですか。実際に打ってないですから」

――でも、自信はあるでしょう。

 すると坂本は即答した。

「いや、自信はないですよ。だから、この3年はちょっとダメですけどとか言われても、いや別に、普通やけどなって。何を勝手にそんな評価してくれてんのかなぁって。そんなん言われたら、何かもう……イラーッとするんですよ。自信がないから。お前、もっと打てるだろって、そんな勝手に言わんといてよって」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

読売ジャイアンツ
坂本勇人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ