Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本代表監督の本音と野望>
ヴァイッド・ハリルホジッチ「私は真実を伝え続ける」 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/01/14 06:00

<日本代表監督の本音と野望>ヴァイッド・ハリルホジッチ「私は真実を伝え続ける」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
この指揮官は、決して“ダメだし”をためらわない。日本サッカーに問題点を感じれば、鋭い言葉で指摘する。すべては勝つために。日本代表2年目への野望を語る。

 数秒の熟考後、サインペンを握った右手が力強く動き始める。

 gagner,gagner!!

 2016年の抱負として色紙に書き込まれたのは、フランス語で「勝つ、勝つ」。しかも「!」マークが2つ。やはりこの指揮官、根っからの負けず嫌いである。

「勝つ」ために、チームにどうアプローチするか。サッカーの監督に限らず、指導者は選手を褒めて長所を伸ばすタイプと、短所を指摘して課題を克服させるタイプに分かれる。前者がブラジルW杯を指揮したザッケローニ監督ならば、ハリルホジッチ監督は後者に当てはまるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3813文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ