Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<W杯出場戦士を観るための>
トップリーグ白熱地図。 

text by

村上晃一

村上晃一Koichi Murakami

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2015/12/03 06:00

<W杯出場戦士を観るための>トップリーグ白熱地図。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

五郎丸歩が所属するヤマハ発動機ジュビロは、日本代表のマレ・サウ、トンガ代表のシアレ・ピウタウもプレーする。

今、この列島では46名の“W杯戦士”がプレーしている。国内にいながらにして、彼らのワールドクラスのプレーをスタジアムで体感できる、このチャンスを観逃すな!

「感動のつづきは、トップリーグで。」

 そんなキャッチフレーズで、11月13日、日本最高峰のジャパンラグビートップリーグ(以下TL)が開幕した。

 先にあった「感動」とは、もちろん、ラグビーワールドカップ(W杯)のことだ。歴史的勝利となった日本代表の南アフリカ撃破。史上初の3勝。そして、世界のトップレベルの選手達の息をもつかせぬ激闘の数々。あの熱狂を今度は日本で、というわけである。

 W杯後、五郎丸歩は言った。

「僕はこれまで一度も海外でプレーしたことがありません。それでもW杯で戦えたのは自信になりました。W杯とTLで、プレーの質に差はありません」

 日本代表強化を目的に、2003年にスタートしたTLは、今季で13年目を迎える。強豪国の代表選手、コーチも多数参戦し、年を追うごとに拮抗した試合が増えている。特に今季は日本代表だけではなく、W杯に出場した南ア、オーストラリア(豪州)、ニュージーランド(NZ)ら強豪国から新加入選手が大挙来日しており、W杯の余韻を味わいながら楽しく観戦できるだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ