松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

松岡修造が訊く! パラ卓球・吉田信一、
崖っぷちだらけの上京物語。

posted2018/12/09 08:00

 
松岡修造が訊く! パラ卓球・吉田信一、崖っぷちだらけの上京物語。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

働きながら、50歳を超えた現在も、吉田信一選手は世界トップレベルのプレーを維持している!

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 松岡修造が、パラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラアスリート一直線!」。パラ卓球の吉田信一さんは、日本選手権を14度制覇し(現在も8連覇中)、リオパラリンピックにも出場した第一人者だ。最初は練習見学から徐々に話を伺う予定だったが、修造さん、まさかの参加!
 コーチが使っていた車椅子を借り、吉田さんと白熱のラリーを展開。そして、卓球台を挟みながらの対談は、一気に白熱していった。

松岡「吉田さんは、自分の弱点や自分の武器についてはどう考えていますか。たとえば、ライバルに、自分の技や弱点のことを、本番まではあまり教えたくないですよね」

吉田「そこはちょっと違います。教えるというか、出しちゃいます。今の壁を突破して、次の壁に行くために必要だと思ったら、全部出していきます」

松岡「全部、出す?」

吉田「たとえば、私がリオパラリンピックに出場する前年までは、自分のプレー動画は隠すことなくすべてYou Tubeにアップしていました」

松岡「どうして? あげる必要ないじゃないですか」

吉田「自分の弱点をさらけ出して、あえてそこを攻めてもらうんです。本番でそこを攻められて、何もできなかったという後悔はしたくない。成長して弱点を克服するだけでなく、そこから次の策を考えるためにもそうしています」

松岡「それは、世界を見据えているからこそ?」

吉田「そうですね。目論見どおり、海外の選手が私の動画、けっこう見てくれていたようですね。海外で試合をすると、やっぱりそこを狙ってきたりする。でもそこへの対応の準備はちゃんとしていますからね」

松岡「卓球はこのところ中国がずっと強いですが、パラ卓球の世界でも、やっぱり中国が強いんですか」

吉田「そうですね。パラリンピックの本番に合わせてくるのは中国です。世界選手権で負けても、それはパラリンピックで勝つための材料、としか見ていない。ただパラリンピックではやたらと強い。コーチ陣やスタッフ陣もしっかりしているし、障害者施設も充実しています」

松岡「リオパラリンピックのとき、吉田さんも中国選手との対戦があって、かなり競り合って、あと1本のところで負けたんですよね」

吉田「そうでしたね。悔しい思いをしたと同時に「これが今の実力」と思い知らされた、というか……」

吉田信一(よしだしんいち)

1965年12月13日福島県生まれ。高校時代にバイク事故で車椅子生活となる。1994年に車椅子卓球を始め、6年後に上京、これまで車椅子卓球のクラス3で通算14度の日本一に輝く(現在8連覇中)。2016年リオ・パラリンピックに出場。2020東京パラリンピックへの出場を目指し、日々練習に励んでいる。NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)勤務。

 リオパラリンピックの話の前に、松岡さんは吉田さんにどうしても聞いておきたいことがあった。彼はどのようにして、パラ卓球と出会い、ここまで続けてきたのか、そのライフストーリーを、知りたい。

【次ページ】 「バスケは見ただけで断念しました」

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田信一
松岡修造
小川真由美
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ