スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。
伝統のスタイルを乗り越えて進め。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/12/04 16:30

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。伝統のスタイルを乗り越えて進め。<Number Web> photograph by Kyodo News

早稲田と明治の激闘の結末は、赤黒軍団が8年ぶりの対抗戦優勝を果たすというドラマチックなものだった。

W杯イヤーの再戦はなるか?

 こうして早明戦からは、両校の現在地が見えてくる。

 早明両校ともに、40、50代の大学ラグビー黄金期を知る世代が共有してきた「価値観」とは違うスタイルで頂点を目指していると見ていい。

 そしていよいよステージは大学選手権に突入するが、早稲田は22日に慶応と京都産業大の勝者と対戦する。

 明治は16日に大阪で立命館大との対戦が控え、勝ち上がれば準々決勝で東海大と顔を合わせる。

 早稲田と明治がいま一度、顔を合わせることがあるとすれば、年が改まり、ワールドカップ・イヤーを迎えた1月2日の準決勝となる。

 明治については、田中監督の求めているラグビーのレベルが高く、選手の成長が追いつけるかどうか、時間との勝負になるだろう。特にSHが担う役割は大きく、福田主将が化けるかどうかがポイントになる。

トーナメントは早慶明が集中。

 早稲田は、対抗戦で優勝したことで20日間の猶予が持てるのが大きい。

 早明戦で浮き彫りになったスクラム(これが克服可能な“弱点”なのか、それとも強化の難しい“欠点”なのかは判断がつかない)、さらには黄金BKのセットプレーからの仕掛けも整備してくるだろう。

 明治に敗れたとはいえ、やはり10連覇を目指す帝京が本命であることは間違いなく、関西王者の天理大、関東大学リーグ戦2位の大東文化大も侮れない。

 そして組み合わせの右側の山に「早慶明」が集中したが、ライバルたちが再び相まみえることができるのか。

 今季の大学選手権は、きっと面白い。

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田大学
明治大学

ラグビーの前後のコラム

ページトップ