第95回箱根駅伝出場校紹介BACK NUMBER

土壇場での成長に期待の上武大学。
日本大学は陸上競技部全体の誇りをかけて。

posted2018/12/13 11:00

 
土壇場での成長に期待の上武大学。日本大学は陸上競技部全体の誇りをかけて。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga / AFLO

text by

箱根駅伝2019取材チーム

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga / AFLO

今回で95回目を数える東京箱根間往復大学駅伝競走。2019年1月の箱根路では、23チームが健脚を競う。特色豊かな各チームが持つ、ポイントをそれぞれ紹介する。

上武大学

予選会11位> <前回大会20位> 11年連続11回目

苦戦の予想を覆せるか。
「雑草精神(あらくさだましい)」での急成長に期待。

文=小堀隆司

 笑顔の選手がいれば、泣いている選手もいた。監督の目にも光るものがあった。

「喜んでいる場合じゃないんですけど、泣いちゃいましたね。通過するとしないとでは天国と地獄。それくらい差があるので」

 10月の予選会で順位が発表された直後、上武大学の近藤重勝監督はそう言って泣き笑いの表情を見せた。

 85回大会の初出場から11年連続11回目の箱根駅伝出場はそのこと自体が特筆すべきこと。だが予選会を通過ギリギリの11位では、手放しで喜べないのもまた事実だろう。現状もっとも苦戦が予想される大学のひとつだが、監督はチームの出来をどう捉えているのか。

「正直、今季は主力の調子が夏から上がりきらなかったところがあって、予選会では今できるベストな走りはしてくれましたけど、本来の力はまだ出せていない状況でした。選手にも言いましたが、うちはここから2カ月でどこよりも成長できるチームだと。伸びしろがある分、本大会では今より良い状態で臨めると思います」

寮の新設と自転車での往復。

 根拠のひとつが、環境の変化だ。駅伝部にはこの春、新たな寮ができた。新入部員も30名を超す。練習場所までは遠くなったが、選手の志願によりAチームと1年生の有望株がここに入寮し、ほぼ毎日自転車で7kmの距離を往復しているという。

「朝練で行って帰って14km。午後練でまた往復14km。計30km弱ですか。これを半年くらいほぼ毎日続けています。練習ではないけど、見えない力は着実についている。練習以外の部分では日本一努力していると自負しています」

 掃除の徹底やゴミ拾いなど、心がけていることは小さなことに過ぎない。だが、継続こそが力である、と監督は力を込める。

【次ページ】 「複数の4年生が中心のチーム」

1 2 3 4 NEXT

ページトップ