話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。
52得点59失点をどう考えるか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/12/03 12:00

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。52得点59失点をどう考えるか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

残留決定の報を聞いて、涙を流していたジョー。最後の最後まで諦めない姿勢が、残留を引き寄せたのだ。

選手の動揺が止まらない……。

 地上戦も裏を狙う動きがなく、足元へのパスだけで相手に容易に狙われてボールを奪われた。その状況をベンチの前田直輝は地団駄を踏んで見ていたという。

 名古屋は後手を踏み、先制点を失い、PKで2点目を奪われた。

「2点目を取られた時、さすがにガクッという感じになった」

 丸山祐市は、選手の動揺を肌で感じていたという。

風間監督「自分たちの特長はなんだ!」

 前半終了後、ロッカーに引き上げてくる両チームの選手の表情はまったく対照的だった。手応えを感じ自信満ちた湘南と、落胆する名古屋。

 この時、スタジアムにいる誰もが2年前の2016年11月3日、湘南に3-1で敗れ、チーム初のJ2降格を味わったことを思い出しただろう。あの時と同じように、この日も「また湘南に」という空気が流れていた。

 業を煮やした風間八宏監督はロッカーで発破をかけた。

「自分たちの特長はなんだ!」

 その声に、多くの選手が「ボールを持って前に進むことです」と答えた。

 玉田は「今、やるしかないだろう」と、声を上げたという。

 チーム全員ですべきことを確認、さらに前田を投入し、4バックに変えて後半から巻き返しを図った。「後半から雰囲気が変わった」と玉田の言葉通り、名古屋は前田の仕掛けるプレーに引っ張られるように息を吹き返し、2つのPKを奪い、ジョーが決めて同点に追いついた。

 前半とは別のチームのような変化を遂げたのだ。

【次ページ】 玉田「力があるがそれを発揮できない」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

名古屋グランパス
湘南ベルマーレ
風間八宏
玉田圭司
ジョー
小西工己
和泉竜司
前田直輝

Jリーグの前後のコラム

ページトップ