玉田圭司 

「ブラジル、練習モードで1-0」「ファン・現地紙が酷評」日本が“舐められた”33年前の初対戦と“中田英寿ラストゲーム”を現地で見た

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

「ブラジル、練習モードで1-0」「ファン・現地紙が酷評」日本が“舐められた”33年前の初対戦と“中田英寿ラストゲーム”を現地で見た

森保一監督率いる日本代表がブラジルと対戦する。これまで最強のフットボール王国とどんな戦いを繰り広げてきたか、現地在住の日… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

サッカー日本代表海外サッカー

2022/06/06

“父は元サッカー日本代表”永島優美が極度の人見知りからフジの看板アナになるまで「とにかく脚が震えて、声も震えて…」

話が終わったらボールを蹴ろう

“父は元サッカー日本代表”永島優美が極度の人見知りからフジの看板アナになるまで「とにかく脚が震えて、声も震えて…」

フジテレビ朝の看板番組『めざましテレビ』の7代目女性メーンキャスターを務め、現在は昨年からの新情報番組『めざまし8』の初代… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

その他スポーツ

2022/06/04

フジ『ジャンクSPORTS』も22年目…3代目永島優美アナ30歳も驚く、ダウンタウン浜田雅功の凄さ「アスリートの皆さんが笑顔で帰られる」

話が終わったらボールを蹴ろう

フジ『ジャンクSPORTS』も22年目…3代目永島優美アナ30歳も驚く、ダウンタウン浜田雅功の凄さ「アスリートの皆さんが笑顔で帰られる」

フジテレビ朝の看板番組『めざましテレビ』の7代目女性メーンキャスターを務め、現在は昨年からの新情報番組『めざまし8』の初代… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

その他スポーツ

2022/06/04

「嫌だなと思いながら父の横を歩いていました」永島優美アナ30歳が明かす、幼少期に苦しんだ“スター選手・永島昭浩の娘”という視線

話が終わったらボールを蹴ろう

「嫌だなと思いながら父の横を歩いていました」永島優美アナ30歳が明かす、幼少期に苦しんだ“スター選手・永島昭浩の娘”という視線

フジテレビ朝の看板番組『めざましテレビ』の7代目女性メーンキャスターを務め、現在は昨年からの新情報番組『めざまし8』の初代… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

その他スポーツ

2022/06/04

柿谷曜一朗とダミアンのゴールを絶賛、前田大然の袴姿には「自覚」を感じた…水沼貴史が語る「2021年JリーグのFWたち」

水沼貴史のNice Middle!

柿谷曜一朗とダミアンのゴールを絶賛、前田大然の袴姿には「自覚」を感じた…水沼貴史が語る「2021年JリーグのFWたち」

ゴールで言えば、先日のJリーグアウォーズで「最優秀ゴール賞」に選ばれた柿谷曜一朗(名古屋グランパス)のアクロバティックな… 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

Jリーグ

2021/12/17

《引退》玉田圭司は“2度泣いた” 南アフリカW杯、PK戦で敗れると「無表情で、一点を見据えて」、2度目はその半年後…

サムライブルーの原材料

《引退》玉田圭司は“2度泣いた” 南アフリカW杯、PK戦で敗れると「無表情で、一点を見据えて」、2度目はその半年後…

いつでもどこでも不意を突いてくるのが何ともストライカーらしい。11月11日午前11時11分、V・ファーレン長崎からリリースが出さ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2021/11/17

私のJ最強クラブ。ピクシーも言う。「11年名古屋こそ優勝すべきだった」

ミックスゾーンの行間

私のJ最強クラブ。ピクシーも言う。
「11年名古屋こそ優勝すべきだった」

『Sports Graphic Number』では、6月4日発売の「Jリーグ歴代最強チームを探せ!」(仮)特集に向けて、読者のみなさんにとっての… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

Jリーグ

2020/05/18

玉田圭司と中村憲剛、日本代表での共通点。黄金世代の陰で達成した事。

サムライブルーの原材料

玉田圭司と中村憲剛、日本代表での
共通点。黄金世代の陰で達成した事。

彼らには「もう一つ」心に残るターニングポイントの一撃があった。それは日本代表での初ゴール。いずれもアウェー、いずれもA代… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2020/04/23

名古屋を退団した玉田圭司の告白。38歳が気づいた「アップデート」。

ミックスゾーンの行間

名古屋を退団した玉田圭司の告白。
38歳が気づいた「アップデート」。

2度目の別れだった。玉田圭司は2014年オフに一度、名古屋グランパスとの契約が満了となり、翌年からセレッソ大阪に移籍した。 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

Jリーグ

2018/12/30

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。52得点59失点をどう考えるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。
52得点59失点をどう考えるか。

2-2で試合が終わった後、スタジアムは凪ぎのようにシーンとなった。その時点で「プレーオフを戦わなければならない」と玉田圭司… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2018/12/03

「技術だけは、いつまでも錆びない」玉田圭司の2得点に詰まった“技”。

JリーグPRESS

「技術だけは、いつまでも錆びない」
玉田圭司の2得点に詰まった“技”。

千葉で生まれ育ち、プロデビューは柏レイソル。名古屋グランパスで自らの全盛期を迎え、日本代表としてW杯にも'06年と'10年大会… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

Jリーグ

2015/03/18

本物の強さを証明した柏がJ1初制覇!名古屋、G大阪の戦い方と徹底比較。

JリーグPRESS

本物の強さを証明した柏がJ1初制覇!
名古屋、G大阪の戦い方と徹底比較。

柏レイソル=72、名古屋グランパス=71、ガンバ大阪=70。34試合の長い戦いを終え、J1の上位3強は1勝分にも満たないわずかな勝… 続きを読む

猪狩真一Shinichi Igari

Jリーグ

2011/12/05

ザックジャパンに招集されるべき男。玉田の経験値はアジア杯で生きる!

日本代表、2014年ブラジルへ

ザックジャパンに招集されるべき男。
玉田の経験値はアジア杯で生きる!

歓喜の輪をつくる仲間のもとまで、しばらくたどり着けなかった。11月20日、平塚競技場。名古屋グランパスの初優勝が決まった瞬間… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2010/11/27

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。“ドイツW杯組”が支えたチーム力。

日本代表、2010年への旅

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。
“ドイツW杯組”が支えたチーム力。

ロフタス・バースフェルドは涙に濡れた。PK戦でパラグアイが5人目まできっちり決めると、ひざをついて祈るように見守っていた岡… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2010/07/03

平山に「即効性」を求める日本代表。今すぐ欲しい得点力と攻撃の柔軟性。

日本代表、2010年への旅

平山に「即効性」を求める日本代表。
今すぐ欲しい得点力と攻撃の柔軟性。

ゴールを奪うことを放棄するように専守防衛に走ったチームから、流れのなかで得点を奪うことはなかなか容易ではない。 アタッカ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2010/02/12

オランダ人が見たニッポンの穴。~岡田ジャパン、欧州遠征検証~

Sports Graphic Number Special

オランダ人が見たニッポンの穴。~岡田ジャパン、欧州遠征検証~

無残な敗戦と劇的な逆転勝利。現体制初となる欧州遠征は対照的な結果に終わったが、オランダの人々は日本代表の実像をシビアかつ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

有料

2009/09/23

岡田ジャパンがガーナ戦で試した“世界バージョン”の攻撃型戦術。

日本代表、2010年への旅

岡田ジャパンがガーナ戦で試した
“世界バージョン”の攻撃型戦術。

こんな結末は、誰も予想できなかったに違いない。 後半33分、途中出場の玉田圭司が左足で決めた目の覚めるようなシュートを合図… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2009/09/10

グランパスの名GMに尋ねた、JリーグにGMが少ない理由。

Jリーグ観察記

グランパスの名GMに尋ねた、
JリーグにGMが少ない理由。

Jリーグを見ていて、前から不思議に思っていたことがある。なぜ、こんなにもGM(もしくは強化部長)が表に出てこないのだろう? 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

2009/07/22

選手をほぼ無傷で帰還させた岡田監督のマネジメント力。

日本代表、2010年への旅

選手をほぼ無傷で帰還させた
岡田監督のマネジメント力。

5月25日に合宿が始まって、先日のオーストラリア戦まで約3週間。W杯出場を懸けたアジア最終予選の最後の戦いが、やっと終わりを… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2009/06/23

【W杯アジア最終予選/vs.豪州】逆転負けで、悪夢再び。~W杯ベスト4から遠ざかった夜~

日本代表、2010年への旅

【W杯アジア最終予選/vs.豪州】
逆転負けで、悪夢再び。
~W杯ベスト4から遠ざかった夜~

本格的な冬の到来を感じさせる、寒い夜――。 にもかかわらず、既に予選突破の決まったチーム同士の消化試合に、7万人の大観衆… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2009/06/18

ページトップ