話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ギリギリでJ1に生き残った名古屋。
52得点59失点をどう考えるか。

posted2018/12/03 12:00

 
ギリギリでJ1に生き残った名古屋。52得点59失点をどう考えるか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

残留決定の報を聞いて、涙を流していたジョー。最後の最後まで諦めない姿勢が、残留を引き寄せたのだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 2-2で試合が終わった後、スタジアムは凪ぎのようにシーンとなった。

 その時点で「プレーオフを戦わなければならない」と玉田圭司は覚悟を決めたという。

 ドローでJ1残留を決定づけた湘南ベルマーレのサポーターの歓喜の声が響き渡る。

 名古屋グランパスの選手ががっくりと肩を落としている中、名古屋ポーターの一部がザワザワし始めた。「もしかして?」という希望の空気が広がり、やがてあちこちで歓声が上がる。すると、スタッフからベンチにジュビロ磐田が川崎フロンターレに負けたというニュースが届き、選手が喜びを爆発させた。

 サブメンバーやメンバー外の選手も全員ピッチに集まり、喜び合う。ジョーは目に涙をためて、ガブリエル・シャビエル、エドゥアルド・ネットと抱き合った。

「ホッとしました」

 玉田は、表情を崩して、そう言った。名古屋は最終戦を終えた後、奇跡の逆転J1残留を決めたのである。

消えた“名古屋スタイル”。

 前半は、名古屋本来のスタイルがまったく消えていた。

 早めのクロスでジョーを狙い、相手のラインを下げてセカンドボールを狙うという攻撃は、攻撃のひとつのオプションとしてはプラスだ。ただ、それは持ち味である地上戦が主にあって、目先や流れを変えるのに効果的ということだ。

 ところがこの日は、ジョーのサポートが薄い中、ただボールを放り込むだけ。勝ち点3を取りたいという気持ちが先立ち、さらに湘南の激しいプレスを避けての手段だったのだろうが……これが完全に裏目に出た。

【次ページ】 選手の動揺が止まらない……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

名古屋グランパス
湘南ベルマーレ
風間八宏
玉田圭司
ジョー
小西工己
和泉竜司
前田直輝

Jリーグの前後のコラム

ページトップ