濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

立ち技イベント「Krush」10周年。
記念大会にも表れた“イズム”とは?

posted2018/11/27 11:00

 
立ち技イベント「Krush」10周年。記念大会にも表れた“イズム”とは?<Number Web> photograph by Takao Masaki

“レジェンド”山本真弘(左)と20歳の新鋭・里見柚己の戦いは、衝撃的な逆転劇で幕を下ろした。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Takao Masaki

 立ち技格闘技イベントKrushが、スタートから10周年を迎えた。

 記念大会は11月21日に後楽園ホールで開催。メインイベンターは2008年の第1回大会にも出場した山本真弘が務め、20歳の里見柚己と闘っている。

 かつて60kg最強とも言われた山本も、今は35歳。連敗中で、タイトルホルダーでもない。この大会では、近年のKrushでは珍しくタイトルマッチが1試合も組まれていなかった。

 セミファイナルの牧平圭太vs.渡邊俊樹は、元ウェルター級王者とキャリア6戦の選手の対戦だ。

 牧平がブランク明けの復帰戦でなければ組まれなかった、いわば“チャレンジマッチ”である。加えて渡邊の師匠が元Krushファイターの山本優弥であり、牧平とタイトルマッチで闘ったというストーリーもあった。しかも優弥は、地元・広島での牧平の先輩でもある。

「牧平くんの相手がなかなか決まらない中で、渡邊くんを抜擢させてもらいました。といっても渡邊くん本人のスイッチが入らなかったら組めなかった。彼のキャリアにとって、大きなギャンブルですから」

 そう振り返ったのは、Krushと新生K-1、KHAOSと3つのイベントをプロデュースする宮田充だ。宮田によれば、今大会の対戦カードは難航。11月3日、12月8日とK-1の大会に挟まれた日程の影響もあるだろう。曰く「思い通りにいく興行なんて、めったにあるもんじゃないですから」。

Krushの歴史にアクシデントはつきもの。

 Krushが立ち上げられたのは、宮田が全日本キックボクシング連盟の広報兼マッチメイカーだった時代である。

 最初はキック団体の中の一企画という位置づけだったのだ。それでもK-1ルールを公式に採用し、各団体から強豪が参戦したインパクトは大きかった。

 独立したイベントとなったのは、代表者の不祥事による全日本キックの運営ストップが原因だった。全日本キックと同様の「加盟ジム制の団体」か、イベントとしてのKrushに舵を切るか。自立するにあたって宮田が選んだのは後者だった。

【次ページ】 「K-1という大舞台に続く道を」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本真弘
宮田充
里見柚己
牧平圭太
渡邊俊樹

格闘技の前後のコラム

ページトップ