プロ野球亭日乗BACK NUMBER

勝利至上主義と大人達の都合……。
筒香嘉智が子供達のため立ち上がる!

posted2018/11/22 17:00

 
勝利至上主義と大人達の都合……。筒香嘉智が子供達のため立ち上がる!<Number Web> photograph by Yasushi Washida

海外で目撃した子供達の自由な練習・試合風景が、筒香の野球観を大きく変えたという。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Yasushi Washida

 今年の高校野球界は大阪桐蔭高校(大阪)の春夏連覇の一方で、夏の大会で準優勝した金足農業高校(秋田)の躍進が話題を独占した年でもあった。

 秋田の片田舎の公立農業高校が、吉田輝星投手を軸に予想を覆す快進撃を見せた。高校野球ファン、野球ファンのみならず日本中が、この青春ドラマのようなストーリーに沸き立ったのは記憶に新しいと思う。

 その一方で金足農業の快進撃は高校野球が抱える、1つの大きな矛盾を投げかけるものだったことも、決して忘れてはならない事実であった。

 それは勝利至上主義の中で、いかに選手を守るのかということだ。

 高校野球は地方予選の1回戦から1つ、また1つと敗れた学校が消えていく。淘汰に淘汰を重ねて、甲子園球場で行われる本大会に出場しても、そこでまたたった1試合、敗れれば次の戦いに進む権利は失われる。そうして最後まで負けなかったチームが全国優勝という栄冠を手にするわけだ。

 そのシステムが生み出す価値観こそ、負けることが許されない、勝つことしか価値がないという「勝利至上主義」である。

勝利を取るか? 選手の未来を取るか?

 その淘汰のゲームを生き残るため、金足農業もエースである吉田投手はひたすら投げ続けた。

 甲子園の本大会だけで881球。

 秋田予選から通算すると実に1517球を投げ抜いた。

 その球数は“ミラクル金農”が、勝ち続けるためには必然だったのかもしれない。しかしその一方で、金足農業が勝ち進むにつれて、吉田投手の異常とも言える投球数がクローズアップされていったのも事実である。

 勝つために酷使される選手の健康問題は、今夏の異常気象による熱中症の問題とともに、教育の名の下に行われる高校野球が抱える矛盾を、改めて世の中の人々が認識するきっかけにもなった。

【次ページ】 日本で続発したスポーツ指導の不祥事。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

筒香嘉智
吉田輝星
大阪桐蔭高校
金足農業高校
横浜DeNAベイスターズ
鈴木大地
瀬野竜之介
野瀬清喜
松下直樹
森克己

プロ野球の前後のコラム

ページトップ