欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

マンUとマンCの立場が完全に逆転。
名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

posted2018/11/17 17:00

 
マンUとマンCの立場が完全に逆転。名門凋落の理由は過剰な商業主義か。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

かつてユナイテッドの足元にも及ばなかったシティ。今やクラブとしての地力で逆転しつつある。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 その昔、マンチェスター・ユナイテッドはローカルライバルを歯牙にもかけなかった。「マンチェスター・シティ? どこのどいつだい?」といった風情である。

 初対戦となった1894-95シーズンは、いきなりダブルを食らわせた。1953年以降5分け2敗となったこともあったが、その後の8試合は6勝2分で借りをきっちり返している。

 また、イングランド1部リーグにおける優勝回数もユナイテッドの7回に対し、シティは2回。同じマンチェスターを本拠にするとはいえ、ライバル関係が成立するような間柄ではなかった。

 トップリーグの名称が、イングランド1部からプレミアと改称された1992-93シーズン以降も、両チームの立ち位置に変化はなかった。

 1993-94シーズンから3年連続でダブル。1995-96シーズンはFAカップでも2-1の勝利。ダービーマッチとは名ばかりで、ユナイテッドはシティを完全に見下ろしていた。しかもシティは、1996-97シーズンからは4シーズンに渡り下部リーグで苦しみもがいていた。

 1998-99シーズンには3部まで降格した。この間カップ戦でもマンチェスターダービーは実現せず、両チームの再会は、シティがプレミアリーグに復帰する2000-01シーズンまで待たなければならなかった。

買収で変わった立ち位置。

 2000-01シーズン以降も、大きな変化は生じていない。

 ダービーマッチで互角の展開を見せたシーズンもあったが、それはユナイテッドがシティを意識していなかったからだ。

 赤い悪魔がライバルと目していたのはアーセナル、リバプール、チェルシー。シティ戦はテンションが上がらず、アレックス・ファーガソン監督(当時)が主力を休ませるケースも少なくはなかった。

 しかし、買収によって両チームの立ち位置が変わる……。

 2005年、ユナイテッドはグレイザー・ファミリーに、2008年、シティは『アブダビ・ユナイテッドグループ』(以下ADUG)に買収された。以降、両チームは対照的な曲線を描き始める。

【次ページ】 グレイザー体制でマンUは……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・シティ
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ