欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ベスト布陣でドルトムントに敗戦。
ついにバイエルン1強時代が終焉へ。

posted2018/11/16 10:30

 
ベスト布陣でドルトムントに敗戦。ついにバイエルン1強時代が終焉へ。<Number Web> photograph by Uniphoto press

バイエルンの牙城を崩したのは、ドルトムントで今季絶好調のロイス(左)だった。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 フランクフルトのアパートメントを出たら、大家さんが廊下で仁王立ち。

「ちょっと、あんた。なんなのよ、あれは?」

 家賃も滞納していないし、ゴミも分別しているので何のことかと頭を捻ろうとすると、速射砲のように言葉を浴びせてきました。

「バンヤンよ。バンヤンのことよ! 聞いたこともないチームに1点取られて、ぎりぎり2点取って勝ったからいいものの、つまんない試合しちゃって。まったく、もう!」

 バンヤンとは、バイエルンを意味する現地独特の発音です。大家さんは10月30日のDFBポカール2回戦で、バイエルンがレギオナルリーガ(4部)のレディングハウゼンに2-1で辛勝したことに、ご立腹だったのです。

 大家さんはそれほどサッカーに興味があるわけではありません。我が街のクラブであるアイントラハト・フランクフルトは「弱いから」関心がなく、バイエルンが気になるのも「娘が好きだから」という単純な理由です。大家さんは僕の仕事を知っているので、稀にサッカーの話題を振ってきますが、ここまで感情をぶつけてきたのは初めて。

 サッカーに関心のない層にも注目されているのが、ドイツ国内におけるバイエルンなのです。

バイエルンが局面勝負で劣勢。

「バンヤンのことだから、これから挽回していきますよ」と返事をした僕ですが、そんな楽観的観測は今、早くも軌道修正を余儀なくされそうです。

 DFBポカール2回戦のあと、バイエルンはブンデスリーガ第10節でフライブルクと対戦。しかし、ポゼッション率67%と試合を支配し、80分にニャブリが先制したものの、試合終了間際に同点弾を許して痛恨のドローに終わりました。しかも、ホームで。

 このゲームのデータで気になったのは、ポゼッション率で相手を圧倒しながら、局面の1対1の勝敗を数値化した『ツヴァイカンプフ・クォーテ』は49対51とフライブルクに劣っていたことです。いかに戦術が高尚でも、戦略が緻密でも、局面勝負を制さなければ勝利はつかめません。

【次ページ】 ドルトムント戦はベスト布陣。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バイエルン
ドルトムント
マルコ・ロイス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ