プロ野球PRESSBACK NUMBER

慶應野球部の後輩視点で見た退任。
高橋由伸、初めての「わがまま」。

posted2018/10/09 15:00

 
慶應野球部の後輩視点で見た退任。高橋由伸、初めての「わがまま」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

岡本和真ら若手の底上げに成果を出したが、3年連続のV逸、12年ぶりのシーズン負け越しの責任は重かった。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「あれだけの実力があるのに、チームの意向に必ず従う……それが由伸さん」

 これは、僕たち慶應義塾大学野球部の後輩たちが共通して持っている、高橋由伸への印象です。

 学生時代から、スター選手として注目されてきた高橋由伸。チームの意向、監督の指示、支えてくれる方たちの想い……これらに常に向き合い、従ってきました。そして、与えられた場所で結果を残し、常に勝利の輪の中心にいました。

 桐蔭学園高校から慶應義塾大学に進み、1年生でレギュラーを獲得した時も、4年生で主将を任された時も、そして大学からプロの世界へ進む時も、さらに現役選手からそのまま読売巨人軍の監督に就任する際も「お世話になったチーム」「お世話になるチーム」の意向には必ず従ってきたのが、野球人・高橋由伸でした。

「わがままを言える立場じゃない」

「由伸さんは、わがままを言いたくなる時はないんですか?」

 食事の席で、僕が何気なく聞いた質問に、力を込めてこう返してくれました。

「わがままを言うも何も、その前に使ってもらえるかどうかが野球。使ってもらえないと始まらない。だから自分を使ってくれて、求められたら絶対に結果を残さないと。結果を残せないなら、野球人としては終わり。わがままを言える立場じゃないんだよ」

 この時、30代前半、選手として高橋由伸は全盛期でした。

 でも本当は、いろんな思いを抱えていました。

 アテネ五輪では「日本代表」という想像を絶する重責に耐えられるのか、自分に問いただし、出場するかどうか悩みもしていました。

 30代半ばで自分の腰が以前の状態に戻ることはないと覚悟し、引退と隣り合わせの苦しみも味わってきました。それでも、あと数年はやれるかもしれない……40歳にして心身ともに整い始め、いつになくトレーニングに力を入れていた時に、監督就任の要請がありました。

「プロでできるだけ長く現役生活を送る」という夢がある中で、高橋由伸はお世話になったチームの意向を速やかに受け入れました。

【次ページ】 チームの想いを優先させ続けて。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高橋由伸
読売ジャイアンツ
慶應義塾大学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ