JリーグPRESSBACK NUMBER

独善的な男が大木監督のもとで変身。
J2岐阜・田中パウロの決定力改革。 

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/04/12 17:00

独善的な男が大木監督のもとで変身。J2岐阜・田中パウロの決定力改革。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

大木武監督のもとで脱皮しつつある田中パウロ淳一。子どもの頃の憧れはシェフチェンコだったとのこと。

サッカーの技術なんて難しい話じゃない。

 大木監督によると、田中はシュートを撃つとき、上体がのけぞり気味に後方へ倒れてしまい、また足の親指がボールの下に入るため、蹴ったボールが自然と上へ浮いてしまっていたのだという。

「難しい話じゃないんですよ。言ってしまえば、サッカーの技術なんて、きっと全部がほんのちょっとのことなんです。だけど、それをやれるのか、やれないのか。そこが勝負だから」(大木監督)

 J2で18位に終わった昨シーズン、チームの総得点は56。優勝してJ1に昇格した湘南ベルマーレに2得点差と、けっして少ない数字ではなかったのだが、田中には考えるところがあった。

「やっぱり上の順位に行くようなチームには、何点も決めている選手が必ずいます。で、その選手が警戒されることによって、ほかの選手が活きてくることがありました。ウチにはそういう選手がいなかった。僕自身もっと決められる選手になりたい。できれば、岐阜で一番点を獲れる選手になりたい。そうならないと上には行けないので。

 これまで獲っている得点は、ほぼ周りのおかげですけど、それでも点を獲るプレーヤーにならないといけないですし。まぁエースと言うか……、エースになりたいなって気持ちでやっているので。そこが去年とは違います」

ちょっとした見直しで決定力は変わる。

 決定力不足の解消は日本サッカー積年の課題だが、いまだ海外からストライカーを買ってくることでしか解決策を見出せないクラブも多く、持って生まれた才能が支配する領域だとの考え方も根強い。

 そんな中にあって、ちょっとした技術の見直しと、90分間チームのためにプレーすることで、日本育ちの24歳のアタッカーがこのまま決定力を劇的に開花させることができたなら……。

 現状に一石を投じる、大きなヒントになるのではないだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中パウロ淳一
FC岐阜
大木武

Jリーグの前後のコラム

ページトップ