メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

メジャーでもマイペースな平野佳寿。
ボケて笑わせ、周りを観察する1年目。

posted2018/03/28 08:00

 
メジャーでもマイペースな平野佳寿。ボケて笑わせ、周りを観察する1年目。<Number Web> photograph by AFLO

平野佳寿のマイペースはダイヤモンドバックスでも認められつつある。ベテランになってからの渡米にもメリットはあるのだ。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 平野佳寿のもとにアリゾナ・ダイヤモンドバックスの地元メディアがやってきたのは、キャンプ半ばのことだった。

 オフの間にオリックス・バファローズからダイヤモンドバックスへ移籍してきた34歳の新人は自ら「通訳なしでやるわ」と言いながら、質問を待った。

「今年からダイヤモンドバックスはブルペン・カーを使う予定なんだけど、どう思う?」

 軽く投げかけられた質問に、平野は考え込むふりをして、こう答えた。

「んーそうですねぇ。僕、やっぱり、宇治の出身なんでね……」

 日本茶と10円玉の絵=平等院鳳凰堂で名高い京都府宇治市の出身であることと、ブルペン・カーとはもちろん、何の関係もない。いわゆる「ボケ」である。

 やはり関西人気質があるのか、と思っていると、とても無邪気なことを続けて言う。

「日本では普通にブルペン・カーってあるんで、逆にブルペンから音楽に乗って、走って登場する方がカッコエエかな、と思うんですよね」

慣れるべきことは、数え切れないほどある。

 首脳陣や同僚から、いつの間にか「Yoshi」と呼ばれるようになった平野は今春、そんな風に米国の流儀に自分流を合わせて、プロ野球生活13年目のシーズン開幕に向かっていた。

「まず何よりも、こっちのやり方に慣れていかないといけないと思う」

 キャンプが始まった頃、例年よりも肌寒い日が続くキャンプ地アリゾナ州スコッツデールで、彼は口癖のように言った。

 日本人投手が苦労するという「滑るボール」やアリゾナ州特有の「乾燥した空気」はもちろん、野手との連係プレーの際に聞かれる「英語での掛け声」、極端な守備シフトの中で、投手はどう動くべきなのかという「日本とは少し違う考え方」、通訳を介した日本語と英語の「コミュニケーション」等々。

 慣れるべきことは数え切れないほどあった。

【次ページ】 「マウンドに立った時、あれ? って」

1 2 3 NEXT
平野佳寿
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後のコラム

ページトップ