フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ザギトワ首位、メドベデワ2位のSP。
自己ベストの宮原4位、坂本も5位に。

posted2018/02/22 11:30

 
ザギトワ首位、メドベデワ2位のSP。自己ベストの宮原4位、坂本も5位に。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

15歳にして史上世界最高得点でSP首位に立ったザギトワ。ロシアから来た上位2人は別次元の強さを見せている。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 2月21日の女子SPは、上位2人が歴代最高スコアを更新させるという、オリンピックらしいレベルの高い戦いとなった。日本勢の2人も、自己ベストスコアを更新させて快調なスタートをきった。

 30人の女子の中で、トップに立ったのは予想通り15歳のアリーナ・ザギトワだった。

歴代最高スコアで1位のザギトワ。

 ザギトワは『ブラック・スワン』のSPで、スピンから演技を開始し、ステップシークエンスへ、そして後半に差し掛かったところで3ルッツ+3ループ、3フリップ、2アクセルを次々成功させた。82.92で、3人前に滑ったエフゲニア・メドベデワの出した歴代最高スコアをさらに抜いた。

「点を見たときは嬉しかったけれど、予想はしていませんでした。これまでで最高のできのSPだったけれど、まだ進歩の余地はある。ジャンプの前にもっとスピードも出せるし、もう少し着氷もスムーズにできる。それにもっと表現もできると思います」と15歳らしからぬ、自分に厳しい評価を与えた。

自己ベスト出すも2位スタートのメドベデワ。

 エフゲニア・メドベデワは、ショパンの『ノクターン』でやはりスピンから演技を開始。ゆったりとステップシークエンスを見せた後、後半で3フリップ+3トウループ、3ループ、2アクセルを着氷。

 総合81.61で、自身が持っていた歴代最高スコアを上回る点を出した。

「緊張したけれど、団体戦のときほどではなかった。オリンピックに出ているという喜びを感じながら滑ることができました」と、演技後に感想を述べた。

 同じエテリ・ティベリゼ・コーチの元でトレーニングをしているザギトワについて、「彼女が毎日練習するのを見ているので、(高い)スコアを見ても驚きませんでした」と語っている。

【次ページ】 ノーミスで3位に入ったオズモンド。

1 2 3 NEXT
アリーナ・ザギトワ
エフゲニア・メドベデワ
宮原知子
坂本花織
カロリナ・コストナー
ガブリエル・デールマン
チョイ・ダビン
長洲未来
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ