フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ザギトワ首位、メドベデワ2位のSP。
自己ベストの宮原4位、坂本も5位に。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/02/22 11:30

ザギトワ首位、メドベデワ2位のSP。自己ベストの宮原4位、坂本も5位に。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

15歳にして史上世界最高得点でSP首位に立ったザギトワ。ロシアから来た上位2人は別次元の強さを見せている。

ノーミスだった坂本は5位発進。

 坂本花織は、ベートーベンの『月光ソナタ』のピアノの音に合わせてレイバックスピンから演技を開始した。

 伸びやかにステップシークエンスを滑り切った後、後半で3フリップ+3トウループ、3ループ、2アクセルをきれいにきめた。73.18で自己ベストスコアを更新し、5位発進。

 緊張をどうやって解いたのかと聞かれると、「出だしちょっと躓いて、なんか気持ちが楽になりました」と無邪気な笑顔を見せた。

 大勢の記者に囲まれて、照れながらも自分らしさを失わないところも、坂本の長所である。

 中野園子コーチに「この舞台で最後、しゅんとなって終わるか笑顔で終わるかは、自分で決めたらいい」と言われて、送り出されたという。

 アメリカ人の記者に「メダルを取れる可能性はどのくらいと思うか」と聞かれると、少し考えてから「20%から30%くらい」との返答。なぜそんなに低いのか、と聞き返され「まだまだ上の人と闘えるレベルじゃないし、まだ自分自身と闘うことで精いっぱいなので」と答えた。

 自己ベストスコアが出たことについては、「やってきたことが認められて出た点数かな」と嬉しそうに照れ笑い。

 23日のフリーは「ショートですごい自分の演技ができたので、フリーも自分らしくやって楽しんで、最後は笑顔で終われたらいいなと思います」と言葉を結んだ。

長洲未来は3アクセル転倒で9位スタートに。

 6位には、3ループで片手をついたが高い5コンポーネンツで73.15を手にしたカロリーナ・コストナーが入った。

 7位は、3+3トウループの最後の着氷が乱れたカナダのガブリエル・デールマン。

 8位は自国の観客の前でノーミスを決めた、韓国のチェ・ダビン。

 長洲未来は冒頭の3アクセルで転倒して、66.93で9位スタートになった。

 女子フリーは、2月23日の午前中から行われる。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 945

<平昌五輪直前総力特集>
最強のふたり。

【フィギュアスケート】 羽生結弦/宇野昌磨
【スキージャンプ】 高梨沙羅/伊藤有希
【スピードスケート】 小平奈緒/高木美帆
【レジェンドの肖像】 葛西紀明
【松岡修造&加藤綾子が解説】 平昌五輪17日間 完全観戦ガイド
【別冊付録】 BEYOND THE LIMITS

目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3
アリーナ・ザギトワ
エフゲニア・メドベデワ
宮原知子
坂本花織
カロリナ・コストナー
ガブリエル・デールマン
チョイ・ダビン
長洲未来
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ