“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高卒1年目18歳にして鹿島の切り札。
安部裕葵が持つ「柔軟性ある芯」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/11/09 16:30

高卒1年目18歳にして鹿島の切り札。安部裕葵が持つ「柔軟性ある芯」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

試合の流れを変える大きな存在感を持った18歳の安部。代表チームでも、より一層の活躍が期待される。

自分の「芯」は「毎日の練習を大事にすること」。

 そして、彼は宣言通りプロになった。

 しかも入団したのは王者・鹿島。

 より厳しい環境に身を置くことになっても、「試合に出る、出ないに左右されるのではなく、常にその日の練習を大事にする」と、ルーキーらしからぬ落ち着きでプロとしての日々を踏み出していた。

「鹿島の凄いところは、選手1人1人が戦術をしっかりと持っているところ。チームの戦術だけではどうしてもうまく行かなくなるときがあるけど、鹿島は11人全員の戦術があるんです。

 それは練習中から感じることで、例えば紅白戦でサブ組として対戦したときに、サイドバックの西大伍選手の戦術に、金崎夢生選手の戦術が組み合わさると、凄く嫌なプレーになってきたりします。誰かと誰かがくっついたときに凄く厄介で手強いサッカーになるんです。

 逆に自分が仕掛けるときも、近くにいる選手が誰かによって戦術も変わります。僕も1つの戦術しか出来ないというのではなく、いくつもあった方が良いなと思うし、何でも出来るようになりたい。それを日々の練習、紅白戦で味わえているので、凄く毎日が充実しています。きちんと意識を持ってその練習をこなせば、自分が着実に上手くなっているのが実感できますから」

 安部裕葵の流儀。それは日々を大事にする地道な心だった。

 いま思うと昨年2月に瀬戸内グラウンドで見た彼の姿も、決して特別なことではなく、自らの流儀を淡々とこなしていたに過ぎなかったのだ。

 取材の最後に、こんな言葉を彼は残してくれた。

「僕にとっての『芯』は『毎日の練習を大事にすること』です。それも『柔軟性がある芯』だと思っています。決して折れないし、柔らかいので吸収力がある。さっき自分の武器は無いようなことを言いましたが、もしかしたらそれが僕の武器なのかもしれませんね」

関連記事

BACK 1 2 3 4
安部裕葵
鹿島アントラーズ
瀬戸内高校
杉岡大暉
原輝綺

Jリーグの前後の記事

ページトップ