“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20のGK山口瑠伊って、誰?
日仏での文武両道サッカー人生。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/05/21 08:00

U-20のGK山口瑠伊って、誰?日仏での文武両道サッカー人生。<Number Web> photograph by AFLO

ホンジュラス戦での山口。所属するFCロリアンは2006年以来ずっとリーグアンに所属するクラブである。

フランスでも優等生。さらに上のビジネススクールへ。

 ロリアンではクラブハウスに先生がやって来て、そこで授業を受けることができる。しかも、先生1人に対し選手5~6人という少数精鋭で学ぶことができる教室だった。

「本当に素晴らしい環境でした。勉強がしっかりできて、しかも授業が終わったらすぐにサッカーの練習もできる。自分の求めていた理想の環境でした」

 山口は、自らの目指す文武両道を見事に実現していた。

 そして、昨年6月の高校卒業(フランスでは6月で卒業)時には、学校の中で「優等」を意味する“honors(オナーズ)”を獲得して卒業。しかも、英語とスペイン語も高いレベルでマスターしており、4カ国語を自由自在に操れる選手となっていた。

 ロリアンにおいて、ユースからU-19チームでプレーをするようになった彼は、文武両道の継続を考えた。

 通信課程で専門的な教育が受けられる大学を自ら探し、フランス南東部のグルノーブル市にある「グルノーブル・エコール・ド・マネジメント」というビジネススクールを見つけ、受験をすると見事に合格。フランスでもトップクラスと言われるその学校で、今は経営学について学んでいる。

40mの距離でも、相手はシュートを狙ってくる。

 もちろんサッカーも進化の途中だ。

 ロリアンのGKコーチは彼に徹底して「GKとしての心構え」を植え付けようとしたという。

「日本のGKコーチは技術面のことを細かく指導しますが、フランスではまず最初に『絶対にゴールを奪われるな』という精神を叩き込まれます。GKとしての心の持ち方、強烈な意志を学びました」

 さらにシュートストップの技術も、ロリアンで格段に磨かれたという。

「フランスやヨーロッパの選手はゴール前の空きが30m、40mあっても、見つけたその瞬間のワンステップで平気でシュートしてきますから。この意識は、日本ではあまりないと思いますね。日本は崩し切ってから打とうとするので……GKの準備の意識が全然違ってくる。シュートに対する意識は磨かれたし、シュートコースへの反応も鍛えられたと思います」

 そしてついに、彼は海外所属クラブの選手として唯一、U-20W杯の日本代表メンバーに選出されたのである。

【次ページ】 混沌としているU-20代表の守護神争い。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山口瑠伊
廣末陸
FC東京
波多野豪
小島亨介
ロリアン

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ