月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。
阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。
 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/05/02 15:30

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

開幕前から新人離れした活躍を続けていた高山。好不調の波をいかにコントロールできるかが課題。

今永の人気は上がるが……まだ勝てない。

「どちらかと言えば優等生的コメントに終始する選手が多い中で、今永のような『自分の言葉』を持つ若手選手は希少な存在だ。しかも、普通なら気落ちしてトーンも落ちる敗戦後なら、なおさらだ。言葉の裏には、今永の『負けの哲学』があった」

 この報知の記事のあと、今永は阪神戦に登板したが、14三振を奪う好投ながらまたもや敗戦投手になった(4月29日甲子園)。

「14K今永の悲劇 33イニング援護2点だけ」(日刊スポーツ・4月30日)

 今永は言葉だけでなく面構えもとてもいい。

 人をひきつける。いつか来る初勝利の日に注目だ。

震災に対し、「スポーツ新聞ができること」は?

 4月14日に発生した熊本地震。スポーツ新聞はどう報じたか。

「九州男児はあきらめない 福岡出身吉村ミラクル実現 代打同点弾サヨナラ弾」(サンスポ・4月18日)

「さすが福岡の男ばい 村田V打」「さすが佐賀の男ばいV打 高浜」「伊東監督さすが熊本の男ばい 首位死守」(日刊スポーツ・4月18日)

「九州の皆さん首位浮上です。柳田日本タイ 18試合連続四球」(日刊スポーツ・4月20日)

 これらはほんの一例である。スポーツ新聞が「自分にできること」。それはこういうとき、大仰と言われても、見出しや記事で勇気づけることだろう。

 まさに「どうでもいいことなのに、無くなると困る」存在なのである。

 私は今日も、スポーツ新聞を読む。

関連記事

BACK 1 2 3 4
金本知憲
高山俊
高橋由伸
原樹理
今永昇太
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ