今日も世界は走っているBACK NUMBER

金哲彦が男子マラソン選考を考える。
「リオデジャネイロでしっかり勝負を」

posted2016/03/12 10:40

 
金哲彦が男子マラソン選考を考える。「リオデジャネイロでしっかり勝負を」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

青山学院大の下田は、それまでの最高記録である2時間15分30秒を大幅に上回る、2時間11分34秒で10代の日本最高記録を更新。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

 びわ湖毎日マラソンが終わり、リオデジャネイロオリンピック・男子マラソン選考レースの結果がすべて出揃いました。客観的な評価は後にして、3つのなかでどのレースが一番印象深かったかと聞かれれば、やはり「びわ湖」な気がします。

 レース終盤、腹痛のため右手で脇腹を押さえながらも、果敢にペースアップする北島寿典選手の走りには、多くの視聴者が驚いたと思います。

 痛みをこらえながら頑張る姿が、感動的なシーンを生みました。そしてもう一方で、片腕を振らなくてもペースを上げられるんだ? というランナー的な疑問も湧き起こったのではないでしょうか。

 確かに、気迫のこもった北島選手の走りは素晴らしかった。そして、少し不思議でした。フルマラソンの後半でフラフラになっているはずなのに、片手をお腹に当てても身体がぶれない。ぶれるどころか、ストライドがグンと伸びて加速しました。

 それまで余裕の表情で日本人トップを走っていた石川末廣選手は、北島選手に追いつかれてから顔色が一変。「まさか」というような苦しい表情に変わったのが印象的でしたね。まさに、「勝負は最後まで分からない」の典型例だったと思います。

痛みが脚や下腹部でなかったことが幸いした。

 北島選手はフィニッシュ後のインタビューで、「最後まで腹痛はあったけど頑張った」とコメントしています。そのコメントのなかに、実は重要なキーワードがありました。「痛かったけど、身体に余裕はあった」というものです。

 つまり、お腹に痛みはあったけどスタミナ切れにはならず、余力十分だったということ。もし痛みが脚だったらこうはいかなかったでしょう。あるいは痛みが、いわゆる下腹部の“差し込み”だった場合もしかり。

“差し込み”は腸の活動が活発になった状態なので、下腹部に力が入らずにやはり失速してしまいます。程度によってはトイレに駆け込むハプニングにも……。

 ではいったい、北島選手の痛みはなんだったのか? 私は2つの可能性があると推測しています。

【次ページ】 北島選手の場合は、軽い虚血の可能性が高い?

1 2 3 NEXT
下田裕太
村山謙太
北島寿典
石川末廣
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ