オリンピックへの道BACK NUMBER

絶対女王、高梨沙羅がまさかの4位。
風とテレマーク、そして「真の実力」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2014/02/12 11:30

絶対女王、高梨沙羅がまさかの4位。風とテレマーク、そして「真の実力」。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

まさかの4位に終わり「すごく残念です」と無念さをにじませるも、高梨沙羅は決して風や環境のせいにはしなかった。

飛型点の差は、テレマークの差だった。

 イラシュコは別にして、フォクト、マテルには飛型点の差がなければ負けていないことになる。そして高梨はワールドカップでは、108~110点といった飛型点を得ることも珍しくなかった。

 総合して考えれば、テレマークを入れられずに飛型点で劣った。その要因に、上位3名の選手と違い、2本ともに追い風を受けたことがあった。ウインドファクターではカバーしきれないマイナスの影響を被った。これはジャンプという競技ならではかもしれない。

 ただし高梨自身は、先の言葉にこう続けている。

「本当に実力があれば関係はないと思うので、実力が足りなかったのだと思います」

 その言葉は、潔かった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高梨沙羅
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ