オリンピックへの道BACK NUMBER

絶対女王、高梨沙羅がまさかの4位。
風とテレマーク、そして「真の実力」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2014/02/12 11:30

絶対女王、高梨沙羅がまさかの4位。風とテレマーク、そして「真の実力」。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

まさかの4位に終わり「すごく残念です」と無念さをにじませるも、高梨沙羅は決して風や環境のせいにはしなかった。

高梨が2本ともテレマークを入れられなかった理由。

 高梨は、五輪で飛んだ2本ともに、テレマークを入れることができなかった。テレマークができないと、飛型点は下がる。

 もともと高梨は、テレマークを苦手としていた。ワールドカップ総合優勝を果たした昨シーズンも、世界選手権ではテレマークの優劣で2位に終わっている。

 今シーズンは開幕前から、テレマークができるように努めてきた。その成果は試合で確実に表れ、ワールドカップでは飛距離で劣っても優勝する大会もあった。そして、上記の快進撃につながった。

 だが、この日はそのテレマークが入れられなかった。

 そこには追い風が影響していた。

 高梨のジャンプは2本ともに、最後失速したというか、伸びずに落ちたような形になった。そのために、テレマークを入れることが難しかった。その詳細を、高梨はこう振り返った。

「後ろからの風にたたかれて、落ちてしまったと思います」

 つまり、追い風によって、飛距離を伸ばしきれなかったし、テレマークを入れにくくなり、飛型点も低くなった。

 それがどれほど成績に影響を与えたか。

1位との差はわずか4.4点。これはどの程度の差なのか。

 1位から4位の高梨までの合計得点は、

1位 フォクト(ドイツ) 247.4
2位 イラシュコ(オーストリア) 246.2
3位 マテル(フランス) 245.2
4位 高梨 243.0

 フォクトとの点差は4.4であり、イラシュコとは3.2、マテルと2.2である。

 そして2本の合計の飛型点は、

フォクト 106点
イラシュコ 103点
マテル 111点。
高梨 101点。

 フォクトに5点、イラシュコには2点、マテルに10点、劣っていたのだ。

【次ページ】 飛型点の差は、テレマークの差だった。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高梨沙羅
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ