サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ガーナから3得点の逆転勝利も……。
不安定ながら前進するザックジャパン。  

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/09/11 00:20

ガーナから3得点の逆転勝利も……。不安定ながら前進するザックジャパン。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「自分のミスで前半に失点していたので、取り返そうと必死だった」と試合後に語った香川。積極的な守備への献身でも光っていた。

前線の選手達に守備意識が根付いたという収穫。

「失点してしまうとガクッとくるものだが、チームはよく立ち直ってくれた。前線の選手も守備のタスクをやってくれたので、ボランチも普段に比べると楽できたのではないか」

 そう指揮官は話している。

 前線の選手たちの守備意識が高まったことで、ボランチも高い位置でボールをもらうことが多くなり、攻撃に厚みをもたらしていた。64分の勝ち越し点は、長谷部誠の横パスを受けた遠藤保仁が本田圭佑にボールを当て、そのリターンパスからシュートを放ったものだ。

攻撃面も守備面も、まだまだ課題は多いが……。

 後半途中からザッケローニは森重真人を投入。「(相手に)中を固められたのでサイドから攻めたかった」ということで、グアテマラ戦に続いて3バックもテストすることとなった。「ディフェンスを1枚増やす意味ではなく、中盤のラインを1枚増やす、あくまで攻撃的な部分を考えてのことだ」と試合後に強調していた。

 さらに大迫勇也、山口螢、齋藤学の“東アジア組”も投入するなど、様々な部分でテストが行えたことも、指揮官を満足させていたようだ。

「齋藤を最後の10分間で起用したが、彼は人生でもっとも大切な時間のごとくやってくれた」と新戦力のアピールを喜んだ。

 精度を欠いた攻撃面も、時に脆さを出してしまう守備面も課題は少なくない。それでも2試合で6点を奪い、1失点にとどめたことは、前進だったと思いたい。

 選手は誰ひとり満足していない。

 指揮官も「ボールを失った後、もっと速い切り替えがほしい」と注文をつけた。

 手放しで褒められる内容ではない。だが、修正しながらゲームマネジメントして勝ち切ったことは、十分に評価できるのではあるまいか。

関連記事

BACK 1 2
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
長谷部誠
遠藤保仁
本田圭佑
森重真人
大迫勇也
齋藤学
山口蛍
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ