SCORE CARDBACK NUMBER

生まれも育ちも英国の逸材。
U-16で感じた可能性。
~サイ・ゴダードに見る日本の未来~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasato Fujita

posted2013/09/09 06:00

生まれも育ちも英国の逸材。U-16で感じた可能性。~サイ・ゴダードに見る日本の未来~<Number Web> photograph by Masato Fujita

イギリス人の父と日本人の母を持つサイ。インサイドハーフとして、2位という結果に貢献。

 8月の豊田国際ユースサッカー大会で準優勝したU-16日本代表に、ちょっと変わった名前を見つけた。サイ・ゴダード。所属にはイングランドの名門、トッテナムとある。最近では年代別代表に“ハーフ”の選手が珍しくないが、サイもまた、そのひとりだ。

 とはいえ、この小柄なMFのケースが珍しいのは、海外で育ち、日本でのプレー経験を持たない選手だということ。当然、日本語もほとんど話せない。こうした選手が年代別とはいえ、日本代表に選ばれるのは初めてのことではないだろうか。

 まずは単純に言葉の心配をしてしまうが、吉武博文・U-16日本代表監督によれば、「問題ない」。練習でメニューの内容が十分に伝わらなかったとしても、「一番うまくやるのはサイなんです」と吉武。チームメイトからも「言葉は通じないけど、見て感じてくれるのでやりやすい」という感想が聞かれた。何よりサイ自身が、日本での代表選出に「ワクワクした」と言い、実際にプレーしてみて「チームや他の選手のスタイルを気に入っている」と話してくれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

サイ・ゴダード
吉武博文

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ