自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

自転車好きは鉄道好き?
世田谷線に沿ってゆったり走る。
 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2010/06/18 06:00

自転車好きは鉄道好き?世田谷線に沿ってゆったり走る。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

ピスト大人気! 三軒茶屋は若者の街。

 三軒茶屋は、学生人気の高い街である。

 都心に近くて便利、街自体が住みやすい、世田谷区内というイメージがいい、それなのに家賃がそれほど高くない。とまあ、人気の理由が数々揃ってる。

 で、私には「若者の街」というイメージがあったんだが、着いてみたら、あれま、本当にそうなんだ。

 一目で分かるのが、ピストの多さだ。

 ピストというのは、固定ギアのシングルスピード自転車のことで、要するに競輪用の自転車と同じく、前にも後ろにも進めるという競技用自転車なんだが、これが昨今、若者の間で大ブームということになった。

 私などにいわせると「何であんなに乗りにくいものを?」という話なんだけど、流行ってのは何がウケるのか分からない。とにかく20歳前後の、自称「高感度な」若衆たちは、皆こぞってこれに乗るというのが、東京の昨今。

 その一端をこの三軒茶屋で見る。いやー、男も女もみんな乗ってるなぁ、ピスト。事故には気をつけて。当たり前だが、ブレーキも必ず装着するように。

 さて、世田谷線である。三軒茶屋駅から、おお、確かに青いモダンな電車がスタートする。

レトロからエコへ。芋虫電車から最新型へ。

 かつて、この世田谷線には濃い緑色のずんぐりした電車が走っていた。そのあまり垢抜けない佇まいは「芋虫電車」「青虫電車」などと呼ばれたものだ。

 それがどうだ。今では先の欧州型、富山市と似た感じの「いかにも新型」「いかにも近未来」という感じのトラムが走っている。

 これはいいね。私は思うんだけど、路面電車というのは「昔懐かし」「レトロ」なんてのを押し出していてはダメだ。そんなの一時期のブームが終わったら、すぐに忘れられてしまうよ。

 変わらず存続するためには、自ら変わらなくちゃ。世田谷線はとりあえずはえらいと思う。

 しかしながら、世田谷線、言葉通りの「路面電車」とは少々違ってて、路面電車とはいいながらも、走っているのは、独立した鉄道軌道である。

 その線路の上を平均6分に1本程度、パンクチュアルに運行されていく。

 その鉄道の横を自転車で走っていくと……、おお、この界隈は、なんだか、またもや。

 し、昭和だなぁ。

【次ページ】 謎の緑地帯でヤブ蚊と出会う。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ