自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

自転車好きは鉄道好き?
世田谷線に沿ってゆったり走る。
 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2010/06/18 06:00

自転車好きは鉄道好き?世田谷線に沿ってゆったり走る。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

謎の緑地帯でヤブ蚊と出会う。

 電車はまずごちゃごちゃとした下町風の住宅地を突っ切っていく。西太子堂周辺のこのあたりはホントに住宅密集地、というか、アパート密集地でね。しかもアパートが80年代に建った風の「ちょっとモダン、ちょっと安普請」という感じなんだ。

 私にとっては懐かしいよ。なぜなら東京に出てきたばかりの私が住んだのがまさにこういう「ワンルームマンションと称するアパート」であり、薄っぺらな豊かさが横溢した80年代中盤だったから。

 で、だ。

 おやおや? ちょっと行くと、何やら奇妙な2つの緑地帯にぶち当たる。

 一つ目の緑地帯は、墓地が併設されているからすぐ分かる。最勝寺という名前のお寺さんだ。秘仏の不動明王があるという。敷地の広い、ちょっと歴史のありそうな立派なお寺。

 だが、もう一つの緑地が分からない。

 若林の駅を過ぎると、線路沿いに広大な森があらわれる。ちょっと謎なほどデカく、放ったらかしの原生林っぽい。

 なんだろう、これ。

 神社仏閣の手合いにしては、あまりに手が入ってないという感じ。というわけで、自転車でぐるっと一周してみた。こういうのが手軽にできるところが、自転車のいいところだ。

 一番近づいたのが、写真にあげた「密林」である。ふーむ、ますます分からん。何なんだこれは?

 実を言うと、この世田谷線沿線に住む、私の知り合いが以前からこう言ってた。

「そうそう、あの森、何かしら何かしらって前から謎だったのよ。ヘンに荒れてるっていうかワイルドで、広いでしょ。見るたびに気になってたんだけど、そのたびに忘れちゃうのよね」

 確かにこれは謎ではある。そばによって覗き込むと、まさに密林。手つかずの竹藪からは、ヤブ蚊がぶんぶん飛来してきて、私としては早々の退散とせざるを得なかった。国有地でもなさそうだし、私有地、でも、何かに使っているという形跡が見えない。不思議なのだ。

【次ページ】 まもなく本格的な夏が来る。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ