自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

“巨大宗教都市”としての東京を行く。
ご立派建築にイマドキの信心を見る。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/06/25 08:00

“巨大宗教都市”としての東京を行く。ご立派建築にイマドキの信心を見る。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

立正佼成会の大聖堂を望んでハイポーズ。とにかく圧倒的な存在感を誇る巨大建築です。一見の価値アリ!

旺文社の受験参考書を連想させるたたずまいって!?

見ているだけで勉強したくなるような「O」と「R」のマーク。東京正心館の前にあるNHK交響楽団本部は、どこまでもストイックな建物である

 この東京正心館で見ていても、このシンボルマークのOR(もちろんOkawa Ryuhoの頭文字)にしても「幸福の科学」という文字のフォントも、なんか「旺文社の受験参考書」の表紙にぴったりという気がしないでもない。

 それにしても見上げるばかりのパルテノン神殿風だなぁ。

 この東京正心館は「本部ではない」とはいうものの、大川教祖はこの建物の中で説法をし、その説法が全国各地の教団施設に衛星中継されるのだそうだ。

 かつてこの場所を称するに「NHK交響楽団本部前」と言った。たしかに幸福の科学の向かいに“NHK SYMPHONY ORCHESTRA”と書かれた古いビルがある。でも、今では「幸福の科学前」である。当事者にとっては、さぞや「やれやれ」なんだろうなぁ。

なぜ変電所が地下にあるのか……港区高輪「高野山東京別院」。

 この高輪には、もうひとつ、非常に奇妙な寺院があって、その名を「高野山東京別院」という。

 高野山と言えば、もちろん空海の高野山・金剛峯寺、真言宗の本山である。大メジャーである。その東京本部がここということになるんだが、ふむ? 新宗教どころか、日本最名門の宗教のひとつではないの、教科書にも載ってるよ。いったいどこが奇妙なの?

 もちろんそういう意味で奇妙なわけじゃない。

 このお寺の変なところは、地下に巨大なる東京電力の変電所があることなのだ。

 東京の地下構造物に詳しいジャーナリストの秋庭俊氏によると、この高野山東京別院、広大な敷地の地下に、なぜか地下五階、36メートルの深さに「東京電力 高輪変電所」があるのだそうだ。

 延べ面積、東京ドームの半分ほどの大きさになるという。巨大な変電所である。

 これを称して「秘密の地下要塞」なんてことをいう人もいる。特に「東電」というもの自体にある種の色がついてしまった昨今はね。

 だが、実はこれ、普通に公表されている話でもあって、東電側もお寺側も別に変電所の存在を否定したりはしていない。

お隣が高輪警察署で地下が東京電力高輪変電所、という最強の布陣を構える高野山東京別院。最強のパワースポットと言うべきか

 それにしても、なぜ変電所を造るために、お寺の地下をわざわざ掘らねばならんのだ? わざわざ掘ったというよりも、もともと地下に「謎の巨大空間」が存在し、寺はその後に建築されたからなのではないか、というのが、秋庭氏の見立てだが、私には分からん。

 まあ土地のない都会のまっただ中、変電所も必要だろうし、寺も必要だろう、ということで、上下に棲み分けてるだけ、ということだってできる。地下の家賃(または地下使用権)を東電が払って借りて(または買って)いるのではないか、なんて思ったり。案外、これが一番正しかったりしてね。

 でもま、とりあえず地上から、それと分かるものはまったく見えない。謎の施設といえば謎である。

【次ページ】 繁華街の横にひっそりと……渋谷区松濤「統一教会」。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ