自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

“巨大宗教都市”としての東京を行く。
ご立派建築にイマドキの信心を見る。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/06/25 08:00

“巨大宗教都市”としての東京を行く。ご立派建築にイマドキの信心を見る。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

立正佼成会の大聖堂を望んでハイポーズ。とにかく圧倒的な存在感を誇る巨大建築です。一見の価値アリ!

黒光りする巨大ピラミッドがド―――ンと登場!

 黒々とした縦長のピラミッド。これが霊友会だ。

1975年建立となる霊友会釈迦殿。中には仏教的装飾に彩られた広大な体育館のような空間が

 少年時代にラジオに親しんだ人なら「この番組は、いんなあとりっぷの霊友会がお送りしました」というアナウンスを聞いたことがある人もいると思う。

 霊友会ってなんだ? 幽霊の友? ムーか? オカルトか? なーんて思った少年も多数なのではないか。はい、私がそうでした。

 違います。

 霊友会は、法華(日蓮宗)系の新宗教のひとつで、戦前の1920年代にできた。今では500万人(公称)もの信者がいるという。

 霊とは「幽霊の霊」ではなく、人間の精神のことを指すという。いわば「霊長類の霊」の方だ。在家が基本で、父方母方、双方のご先祖を供養するのが特徴なのだそうだ。

 タワーから降りて、下から眺めると、長方形のピラミッド、ひさしが長いなぁ。というか、大きい。この建物を「霊友会釈迦殿」というのだそうだ。

 上から見ても存在感があるが、下から見ると何やら重量感がある。

堂々たるパルテノン神殿風……港区高輪「幸福の科学」。

 さて、そこから第一京浜を南に下って泉岳寺方面に行ってみよう。

古典落語でよく登場する泉岳寺付近の長屋。まだその面影が残っている!?

 もちろん泉岳寺も大メジャーな宗教施設なわけで、赤穂義士の墓地の一角は、いつ行っても線香の煙が絶えない。忠臣蔵ファンの爺さん婆さんたちが、春夏秋冬を問わず、必ずここを訪れている。

 100円で線香を買って(50~60本あるのかな)、それを四十七士と、殿の浅野内匠頭、それぞれの墓前に供える、というのが、それぞれの参拝客の作法で、なかなかイベント性に優れている。

 とまあ、泉岳寺はいいとして(増上寺と同様、メジャーすぎて)その手前の交差点を右に折れる。

 すると、おやまあ、そこに出現するのが、巨大なるギリシャ神殿風建造物「幸福の科学・東京正心館」だ。

 幸福の科学といえば、例の「エル・カンターレ!」であり、最近は選挙のたびの「幸福実現党!」なわけだけど、調べてみると、驚くほど新しいんだねぇ。

2001年に完成した東京正心館。外見は完全にギリシャ風建物だが、建物内には仏の慈悲を示す大法輪がご本尊として安置してあるという

 設立が1986年。バブルとともに勃興し、バブル崩壊とともに教勢をのばした。一般的には「フライデー被害者の会」の組織と、故景山民夫氏や小川知子氏など有名人による(ちょっとヒステリックな)デモンストレーションで、一気に知名度をアップさせた。

 とある信者の方に内情を聞くと、何だか「常に受験勉強」という感じの宗教活動なのだそうだ。いつも大川隆法教祖の著書を買い(何十冊も!)そして読み、理解度をテストされ、認定されることで、ステージをあげていくのだという。

 受験世代にピッタリ……、というよりも、教祖が東大卒、というのが、こんなにピッタリくる宗教も珍しい。

【次ページ】 旺文社の受験参考書を連想させるたたずまいって!?

BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ