NumberEYESBACK NUMBER

全仏11回目の挑戦でフェデラー悲願達成。
~次のウィンブルドンの見所は?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/06/20 06:00

全仏11回目の挑戦でフェデラー悲願達成。~次のウィンブルドンの見所は?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

フェデラーは現在、世界ランキング1位のナダルに次ぐ2位

 ロジャー・フェデラー(スイス)が27歳で史上6人目の生涯グランドスラム(四大大会全制覇)を達成し、全仏オープンの幕が閉じた。表彰式でセンターコートに流れるスイス国歌を聴きながら、男子シングルスの覇者は静かに涙を流した。会見では「自分の成し遂げたことを誇りに思う」と語り、喜びを噛みしめた。

 無敵と思われたフェデラーにも凋落の兆しがあった。1月の全豪では決勝でラファエル・ナダル(スペイン)に惜敗し、悔し涙を流した。このところ世界ランク3位のアンディ・マリー(英国)や4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)にもなかなか勝てず、フェデラーの名前を聞いただけで相手が震え上がったのは過去の話になっていた。引退の時期を考え始めているのではないか、という見方さえ広がり始めていた。だが彼は踏みとどまった。この優勝でピート・サンプラス(米国)の四大大会通算最多優勝記録「14」に並び、史上最強を改めて印象づけた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 966文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC後の物語。9 Stories about SAMURAI

Sports Graphic Number 731

WBC後の物語。
9 Stories about SAMURAI

 

関連記事

ディナラ・サフィナ
ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ