SCORE CARDBACK NUMBER

ナダルとフェデラーが
紡ぐ新たなライバル物語。
~先延ばしになった主役交代~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2009/07/03 06:00

ナダルとフェデラーが紡ぐ新たなライバル物語。~先延ばしになった主役交代~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ここ数年両膝の腱炎に悩まされていたナダル。全仏敗戦後、医師から休養を勧められていた

 ラファエル・ナダル(スペイン)が、ひざの故障でウィンブルドンの前哨戦を欠場すると聞いた時は、幽霊にでも出合ったような気分だった。

 彼がひざに古傷をかかえているのは公然の事実。だが、今年の初めに全豪を初制覇した時点では、故障は完治したものと思われた。2週間、足腰への負担が大きいハードコートを走り回ってもナダルの動きは軽快だった。また、決勝でのロジャー・フェデラー(スイス)との4時間超の死闘を見れば、ひざは問題なしと判断するしかなかった。だから、故障の再発は思いがけない知らせだった。

 ナダルは結局、ウィンブルドンを欠場した。「僕のテニス人生で最もつらい決断だった」と話したナダル。フェデラーは「残念だね。彼は最高のライバルであり、僕たちはこれまで素晴らしい試合をしてきたからね」とナダルを気づかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[サッカー日本代表特集]変革なくして4強なし。

関連記事

ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ