競馬 

“東のユタカ”1年3カ月ぶり復帰と北村宏司の落馬。騎手が背負うもの。

競馬PRESS

“東のユタカ”1年3カ月ぶり復帰と
北村宏司の落馬。騎手が背負うもの。

3月2日の中山競馬場。見るからに緊張の面持ちのジョッキーがいた。 吉田豊騎手。 1994年デビューだから今年でジョッキー生活26年… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/08

今年の3歳クラシック戦線は2頭の“天才”の激突に注目。~鞍上はルメール&デムーロの対決~

SCORE CARD

今年の3歳クラシック戦線は
2頭の“天才”の激突に注目。
~鞍上はルメール&デムーロの対決~

2歳チャンピオン、アドマイヤマーズ(牡3歳、父ダイワメジャー、栗東・友道康夫厩舎)が共同通信杯(2月10日、東京芝1800m、GIII… 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

有料

2019/03/02

武豊とルメール、尊敬しあう間柄。「ユタカさんはずっと憧れの先輩」

競馬PRESS

武豊とルメール、尊敬しあう間柄。
「ユタカさんはずっと憧れの先輩」

2月17日に行われたフェブラリーS(GI)。今年、最初のJRAのGIレースを制したのは武豊騎手だった。この週を終え、勝利数は24でト… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/01

弱い体質、遅いデビューからGI馬に。インティと武豊の丁寧な出世街道。

競馬PRESS

弱い体質、遅いデビューからGI馬に。
インティと武豊の丁寧な出世街道。

2月17日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(GI、ダート1600m)。今年、最初となるJRAのGIレースを制したのは武豊騎手騎乗の1… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/22

藤田菜七子に沸いたフェブラリーS。勝った武豊が「ぼくの初GIは6着」。

沸騰! 日本サラブ列島

藤田菜七子に沸いたフェブラリーS。
勝った武豊が「ぼくの初GIは6着」。

かつてフェブラリーステークスのパドックを、これほど多くの観客が囲んだことがあっただろうか。スタンド上階のバルコニーにまで… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/02/18

藤田菜七子のフェブラリーSやいかに。女性騎手誕生から23年目の大挑戦。

沸騰! 日本サラブ列島

藤田菜七子のフェブラリーSやいかに。
女性騎手誕生から23年目の大挑戦。

今週の第36回フェブラリーステークス(2月17日、東京ダート1600m、4歳以上GI)で、藤田菜七子がJRA所属の女性騎手として初めてGI… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/02/16

2歳王者をねじ伏せた秀逸な末脚。ダノンキングリーは関東の星だ。

競馬PRESS

2歳王者をねじ伏せた秀逸な末脚。
ダノンキングリーは関東の星だ。

2歳のGIホース、すなわちアドマイヤマーズとサートゥルナーリアが一歩リードしていたと思えた今年の3歳牡馬クラシック戦線。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/15

開成→東大→なぜ競馬の調教師?林徹「学歴に興味ないですから」

Number PLAYBACK

開成→東大→なぜ競馬の調教師?
林徹「学歴に興味ないですから」

今年3月1日、林徹は調教師として美浦トレーニングセンターに開業した。開成高を経て東大卒。経歴を見るに学業エリートそのものだ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2019/02/10

ここ10年、年度代表馬の半分が牝馬。アーモンドアイたちはなぜ現れたか。

沸騰! 日本サラブ列島

ここ10年、年度代表馬の半分が牝馬。
アーモンドアイたちはなぜ現れたか。

2018年アーモンドアイ 2014年ジェンティルドンナ 2012年ジェンティルドンナ 2010年ブエナビスタ 2009年ウオッカ これは、過去10… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/02/09

福永祐一が語った自らのダービー史。積み重ねた挫折、父と周囲への感謝。

Number PLAYBACK

福永祐一が語った自らのダービー史。
積み重ねた挫折、父と周囲への感謝。

先頭でゴールラインを切った時、天にも昇る気持ちって、こういうことなのかと思いました。 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

2019/02/09

出遅れて、早めに先頭に立って完勝。東京新聞杯でマイル戦線に新星登場。

競馬PRESS

出遅れて、早めに先頭に立って完勝。
東京新聞杯でマイル戦線に新星登場。

2月3日、東京競馬場で行われた東京新聞杯を勝利したのはインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だった。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/08

藤田菜七子が語っていたGIの願望。「いつか乗せていただけるように」

Number PLAYBACK

藤田菜七子が語っていたGIの願望。
「いつか乗せていただけるように」

デビューからわずか2年半でGI騎乗の権利を獲得し、女性騎手最多勝記録も更新。勝負師としての成長を支えるのは経験の中で得た“… 続きを読む

井上オークスOaks Inoue

2019/02/04

動物愛護団体vs.ジョッキー。ムチの回数制限の影響とは。~大レースでは覚悟の反則も~

SCORE CARD

動物愛護団体vs.ジョッキー。
ムチの回数制限の影響とは。
~大レースでは覚悟の反則も~

競馬発祥の地、英国では、動物愛護団体との取り決めにより、騎手が打てるムチは一つのレースで7回までと厳しく制限されている。 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

有料

2019/02/03

藤田菜七子が乗り替わりGI初騎乗。名手マーフィーから学べること。

競馬PRESS

藤田菜七子が乗り替わりGI初騎乗。
名手マーフィーから学べること。

「藤田菜七子騎手のGI初騎乗が実現!!」1月28日のスポーツ新聞各紙にはそんな見出しが躍った。騎乗するのは前日にフェブラリーSの… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/01

オジュウチョウサンの障害復帰は、「どちらにしてもすごい挑戦」。

沸騰! 日本サラブ列島

オジュウチョウサンの障害復帰は、
「どちらにしてもすごい挑戦」。

昨年の有馬記念に参戦し、見せ場充分の9着となった「障害界の絶対王者」オジュウチョウサン(牡8歳、父ステイゴールド、美浦・和… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/01/30

シャケトラと角居調教師、石橋脩。それぞれ逆境を乗り越えた復活劇。

競馬PRESS

シャケトラと角居調教師、石橋脩。
それぞれ逆境を乗り越えた復活劇。

1月20日。中京競馬場で行われた第36回東海S(GII)を1番人気に推されたインティが優勝。手綱をとった武豊騎手は前人未踏のJRA33… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/25

2018年のGI予想と結果を振り返る。ヒットは安田記念、収支は……。

沸騰! 日本サラブ列島

2018年のGI予想と結果を振り返る。
ヒットは安田記念、収支は……。

今、日本には24の平地JRA・GIレースがある。昨年、2018年はJBC3競走が京都で開催されたが、それらを含まず24レース、である。24… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/01/19

父の涙を見て騎手になった男の物語。丸山元気、2018年に続き絶好調。

競馬PRESS

父の涙を見て騎手になった男の物語。
丸山元気、2018年に続き絶好調。

1月12日、中山競馬場でフェアリーS(GIII)が行われ、フィリアプーラ(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が優勝した。騎乗したのは丸… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/18

武豊が'19年開幕週6勝と絶好調。天才騎手の技術は今も衰え知らず。

競馬PRESS

武豊が'19年開幕週6勝と絶好調。
天才騎手の技術は今も衰え知らず。

2019年の中央競馬は例年通り1月5日に幕を開けた。中山競馬場では中山金杯、京都競馬場では京都金杯といった重賞がそれぞれ行われ… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/11

アーモンドアイ年度代表馬は堅い?2018年のJRA各賞を予想してみた。

競馬PRESS

アーモンドアイ年度代表馬は堅い?
2018年のJRA各賞を予想してみた。

2019年の競馬が幕を開けるのを前に、2018年の競馬を簡単に振り返りつつ、間もなく発表されるJRA賞(記者クラブ所属の競馬記者の… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/01/04

ページトップ