Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[老将の覚悟]ポルトガル「ロナウド依存からの脱却」

posted2022/12/23 07:00

 
[老将の覚悟]ポルトガル「ロナウド依存からの脱却」<Number Web> photograph by Kenichi Arai

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Kenichi Arai

ひとつの時代が変わる瞬間は突然やってくるもの――。決勝トーナメントに入るや英雄をベンチに置いた指揮官の決断が、さまざまな論争を呼んでいる。この采配が未来に残すものとは。

 ポルトガルの敗退直後、スポーツ紙アボラが緊急アンケートを行った。要は戦犯探しで、設定された敗因の選択肢は5つだ。

・モロッコが上だった

・フェルナンド・サントス監督

・審判

・クリスティアーノ・ロナウド騒動

・選手たちのパフォーマンス不足

 結果は想像通り、フェルナンド・サントスが過半数の51%の票を得て「戦犯」となっている。以下、選手のパフォーマンス(22%)、モロッコ(9%)、ロナウド騒動(9%)、審判(6%)と続く。

 ポルトガルでは監督への大批判が起きている。敗戦よりも、ロナウドを先発から外したことに対して責任を問う声が目立つ。ポルトガルの敗因はロナウド外し、つまり監督の采配ミスにあったのだろうか。

 出だしは順調だった。今大会のポルトガルはロナウドのゴールとともに始まった。

 4-3-3のCFで先発したロナウドは第1戦のガーナ戦、エリア内で倒され自らPKを獲得。左上に豪快に決める、彼らしいPKで先制した。ワールドカップ通算8点目。ロナウドが狙っていた、母国の英雄エウゼビオが持つポルトガル代表のW杯記録の9点まであと1点と迫るものだった。エウゼビオ超えは時間の問題――。国民の誰もがそう思った。

 続くウルグアイ戦でもロナウドはブルーノ・フェルナンデスのクロスに飛び込みネットを揺らした。ボールに触れておらずロナウドの得点にはならなかったが、彼の動きがなければ決まっていなかっただろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1773文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

フェルナンド・サントス
クリスティアーノ・ロナウド
ゴンサロ・ラモス
カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ