Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ベスト8の価値]イングランド「ケインは責められるべきか」

posted2022/12/23 07:01

 
[ベスト8の価値]イングランド「ケインは責められるべきか」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

ジョナサン・ウィルソン

ジョナサン・ウィルソンJonathan Wilson

PROFILE

photograph by

Getty Images

'18年W杯で4位、'21年EUROで準優勝と頂へ迫っていたイングランドが、大きく膨らんだ期待に応えることなく準々決勝で姿を消した。前回王者と渡り合いハイパフォーマンスを演じた彼らの評価はいかに。

 残酷な幕切れだった。世界王者フランスと互角に戦い、後半終盤にハリー・ケインがこの日2本目のPKを決めていれば、勝負は延長に持ち込まれていたはずだ。しかし主将の腕章を巻いたエースが蹴ったボールは、ユーゴ・ロリスの守るゴールのバーの上を大きく越えていった。

 残されたわずかな時間でスコアは動かず、今大会最後の準々決勝はフランスの1-2の勝利で終わった。笛が鳴った時、ケインは上空を見上げた。あのPKが成功していれば、彼はイングランド代表で単独の最多得点者になっていたが、そんなことは考えていなかっただろう。長く牽引してきたスリーライオンズをまたしても栄光に導けなかった現実に打ちひしがれ、アラブの虚空に何を見ていたか。そっぽを向いた勝負の女神か、それとも強すぎた相手か。

 ガレス・サウスゲイト監督も現役時代に、代表戦の重要なPKを失敗している――EURO96のドイツとの準決勝のPK戦だ。昨年のEUROでPK戦の末にイタリアに敗れた決勝も含め、イングランドはまたもスポットキックの行方に涙を飲んだ。

 2013年にFA(イングランド協会)のグレッグ・ダイク会長(当時)が'22年W杯で優勝することを目標に定めてから、代表は目覚ましい足取りを見せてきた。同じ年にU-21代表監督としてFAと契約を結んだサウスゲイト監督が3年後にA代表の指揮を執り始めてからは、'18年W杯で4位、'21年のEUROで準優勝と、究極のタイトルへ順調に近づいているように思えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1914文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ハリー・ケイン
ガレス・サウスゲイト
カイル・ウォーカー
ジョーダン・ヘンダーソン
ブカヨ・サカ
ダヨ・ウパメカノ
デクラン・ライス
カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ