草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

《追悼》カープ名将・古葉竹織vs悲運の闘将・西本幸雄、42年前の日本シリーズは「事件」だった…近鉄選手が明かす“江夏の21球”秘話 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2021/11/18 17:04

《追悼》カープ名将・古葉竹織vs悲運の闘将・西本幸雄、42年前の日本シリーズは「事件」だった…近鉄選手が明かす“江夏の21球”秘話<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

当時の広島カープの主力選手たち(1979年撮影)。左から山本浩二、高橋慶彦、江夏豊、北別府学、古葉竹識監督

「もしもう一度、やり直せるとするなら、迷うことなくあの場面に戻り、あの球を振る。なぜ振らなかったのか。今でも夢に出ることがある。野球人生最大の後悔だね」

 バットが出なかった理由は、やはり全力疾走できないことへの不安だろう。見逃したのが「13球目」。紙一重のファウルが「14球目」。さらにファウルとボールをはさんだ「17球目」のカーブを空振りし、佐々木は三振に倒れた。

伝説となった江夏の「19球目」

 まだワンアウト。リードしているのは広島でも、優位に立っていたのは近鉄だったともいえる。状況が激変したのが「19球目」。石渡茂への2球目がスクイズだと見破った江夏が、カーブの握りのまま大きく外した。『江夏の21球』のクライマックスであり、この試合を伝説たらしめたワンシーンである。江夏は神がかった1球をこう説明する。以下同作の引用。

〈投げる前にバッターを見ろ、相手の呼吸をそこで読めば、その瞬間にボールを外すこともできる。石渡に対する二球目がそれだった。(中略)時間にすれば百分の一秒のことかもしれん。いつかバントが来る、バントが来るって思い込んでいたからわかったのかもしれないね〉

 石渡は空振りし、藤瀬は挟殺。走者は二、三塁に残ったが、一瞬にして「あと1球」のシチュエーションに変わっていた。ファウルをはさんで江夏のカーブに石渡のバットは空を切り、21球は完結した。

 今年の日本シリーズ開幕を前に、42年前の激闘に再び注目が集まった。「悲運の闘将」の呼称を外せなかった西本、ブルペンに走る同僚を見て、ベンチへの不信感を募らせた江夏に、そっと声をかけた一塁手の衣笠祥雄、三村、山際、そして古葉……。

 勝負の関係者がまた1人鬼籍に入った。慎んで故人のご冥福をお祈り申し上げたい。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
古葉竹識
広島東洋カープ
近鉄バファローズ
江夏豊
西本幸雄
藤瀬史朗
佐々木恭介

プロ野球の前後の記事

ページトップ