Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

佐久長聖高校「大迫傑を超えて行け」~東海大監督・両角速の原点~

posted2020/12/20 07:00

 
佐久長聖高校「大迫傑を超えて行け」~東海大監督・両角速の原点~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

学校の近くにある1周600mのクロスカントリーコース。選手たちはここで日々鍛えられている

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

全国屈指の駅伝強豪校として知られる高校は、現在に至るまで数多くの名選手を輩出してきた。名物クロスカントリーコースにきめ細やかな指導、そして名将の教え。“長聖”の強さの理由を探る。

「がんばっていきましょ――!」

「は――い!」

 佐久長聖高校のクロカンコース、浅間山を背に黙々と走る駅伝部の選手の声が響く。声を出すのは、3年生の日替わりリーダーで、語尾を伸ばすのは佐久長聖独特のものだ。1周約600mの土のクロカンコースは毎朝、高見澤勝監督と市村一訓コーチが車でタイヤを引いて均す。石や凹凸がなく、きれいに整備されている。日々、ここで走ることで心肺や筋肉が鍛えられ、バランス良い走りを実現することができる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4679文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

佐久長聖高校
両角速
大迫傑
高見澤勝
市村一訓
上野裕一郎
帯刀秀幸

陸上の前後の記事

ページトップ