オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(15)>
ロンドン五輪 柔道・福見友子 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/08/16 11:30

<オリンピック4位という人生(15)>ロンドン五輪 柔道・福見友子<Number Web> photograph by AFLO

女子48kg級準決勝で敗れ、しばし宙を見つめる福見友子(上)。

今、代表コーチになった意味。

 真紅と淡黄が鮮やかな畳の上に27歳の自分がいた。どこか初めて見る光景のようにも思えた。1回戦から全ての試合を見た。ドミトルに大外刈りを返される瞬間も、チェルノビツキに足を刈られるシーンも、目を逸らさずに見た。そして気づけば、自分を許すことができていた。

《意外と頑張っていたんだなと思えたんです。頭が真っ白で、投げられたシーンくらいしか覚えていなかったので、ダメな自分だと思い込んでいたんですけど、イメージしていたよりも練習してきたことを全力で出していた。冷静に見れば技術的に足りなかったんです。そりゃあ負けるよなと、それがわかって納得できたんです》
 あの日、福見友子はきちんと敗けていた。

 それは「一生悔いが残る」と発言した柔道家にとって、7年越しの決着だった。

 東京オリンピックを待つ今、福見は自分が代表コーチになった意味と向き合う。

《私はあの経験を伝えるために、ここにいると思っています。それをどう解釈するかは選手それぞれですが、私が負けた経験は全て隠さずに伝えていきたいです》

 オリンピックは勝者とは何かを冷徹に映し出す。一方で、強者とは何かを問いかけもする。もし、それが自分との戦いにおいて決するものだとすれば……、そういう意味においては、福見は紛れもなく強者だ。

 あの頃も、今も。

福見友子(柔道)

1985年6月26日、茨城県生まれ。'02年土浦日大高2年時に田村亮子を破る。'07年筑波大4年時にも再び勝利。'13年4月引退、イギリス等への留学を経て'15年10月からJR東日本女子柔道部ヘッドコーチに就任。現在、息子の育児に奮闘中。

 ◇ ◇ ◇

<この大会で日本は…>
【期間】2012年7月27日~8月12日
【開催地】ロンドン(イギリス)
【参加国数】204
【参加人数】10,568人(男子5,892人、女子4,676人)
【競技種目数】26競技302種目(女子ボクシングが追加)
【日本のメダル数】
金7個 内村航平(体操個人総合)、吉田沙保里(レスリング55kg級) など
銀14個 三宅宏実(ウエイトリフティング女子48kg級)、卓球女子団体 など
銅17個 萩野公介(400m個人メドレー)、アーチェリー女子団体 など

【大会概要】
1948年以来3度目の開催地となったロンドンでは再開発の土地に選手村や競技場が新設される。ポスト五輪を意識した「レガシー」という単語に注目が集まった。イスラム圏のサウジアラビアなどが女性アスリートの派遣を認め、話題に。レスリング女子は吉田に加え、小原日登美(48kg級)、伊調馨(63kg級)の3人が金を獲得。

【この年の出来事】
第2次安倍内閣成立、自民党が与党に。流行語大賞に「ワイルドだろぉ」。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
福見友子
谷亮子

格闘技の前後の記事

ページトップ