ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ベイスターズ平良拳太郎の変化とは。
登板2戦でQS、老練な投球の秘密。

posted2020/07/05 08:00

 
ベイスターズ平良拳太郎の変化とは。登板2戦でQS、老練な投球の秘密。<Number Web> photograph by Kyodo News

平良は沖縄・北山高から2014年に巨人に入団し、'17年にDeNA移籍。昨季は5勝6敗、防御率4.11。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 平良拳太郎は“走る男”である。

 横浜DeNAベイスターズに移籍して4年目、彼をグランドやキャンプ地で見かけると、いつも走っている。たとえば以前、横須賀市長浦町にあったファーム施設に練習休日に訪れると、誰もいない中、平良がひとり黙々とランニングをしている姿があった。暑い時期、玉のような汗を浮かべ一歩一歩、着実に進んで行き、スタミナを積み上げる。

 走り終わりに「お疲れさまです」と声をかけると、笑顔を見せペコリと頭を下げる。そんな控え目な対応もシャイな彼らしい。

 今シーズンはDeNAに入団して、初めて開幕ローテーションに食い込んだ。その投球術からは、老練ともいえる巧みさが見て取れる。変化球を低めに集め、打者のバランスを崩し、ゴロを量産する。ラミレス監督も「平良は自分の長所と短所をわかっていて、強みは真ん中から外。スピードを変え、タイミングをずらすなど、そういった部分が非常に長けている」と高評価を下している。

「ランナーは出るものだと思って」

 ここまで2試合を投げ計12イニング、防御率1.50、被打率.167と十分な数字を残しているわけだが、平良は先発投手としての心構えを次のように教えてくれた。

「まずは試合を作ることを第一に考えて、ランナーを出したとしても自分で自分を追い込むようなピッチングをせず、一つひとつのアウトを確実に取っていくことですね。1イニング3人で終わらせるのが一番ですけれど、ランナーは出るものだと思って、そこからいかに抑えるのか、今のところ集中してピッチングができていますね」

 たしかにランナーを出してもカウントを悪くしても、今季の平良は焦る様子を見せることなく、淡々とマウンドをさばいている。頼もしくもあり、メンタル面においても成長が感じられる。

【次ページ】 球速アップの要因とは?

1 2 3 4 NEXT
平良拳太郎
横浜DeNAベイスターズ
戸柱恭孝
木塚敦志

プロ野球の前後のコラム

ページトップ