プロ野球亭日乗BACK NUMBER

中川皓太は山口鉄也の後を継げるか。
「代えのきかない選手」へ2つの課題。

posted2020/07/04 20:15

 
中川皓太は山口鉄也の後を継げるか。「代えのきかない選手」へ2つの課題。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

7月1日のDeNA戦に登板した中川。巨人のセ・リーグ連覇には、彼の獅子奮迅の活躍が必要だ。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

「いまこのチームで代えのきかない選手が2人いる」

 巨人・原辰徳監督が2度目の監督時代の2012年に、こんなことを言い出すのを聞いたことがあった。

「1人は慎之助。もう1人は山口です。他の選手は故障で戦線離脱しても、違う選手をやりくりをすれば穴は埋まる。でもこの2人に関しては、いまのチームに於いて余人をもって代え難い存在となっている」

 阿部慎之助捕手と山口鉄也投手のことだ。

 この年の阿部はまさにチームリーダーとして巨人を引っ張り、プレーヤーとしても円熟味を増した絶頂期。結果的に'12年は打率3割4分で首位打者を獲得しMVPに選ばれるなど、この年のリーグ優勝と日本一の中で唯一無二と言える存在だった。

山口はユーティリティーリリーバーだった。

 その阿部と並んで「余人をもって代え難い」と評価されたのが鉄人リリーバーの山口だった訳である。

 山口もこの'12年には72試合に登板して44ホールド(3勝2敗5S)をマークして中継ぎ王となった。

 ただ監督がこれほどまでに大きく評価した理由は、リリーフ陣の中でのその役割にあった。当時の巨人の勝利の方程式はこの山口を軸に西村健太朗、スコット・マシソンという3投手で構成されていた。

 その中で山口は基本的にはクローザーの西村へとつなぐセットアッパー。ただ実際は相手打線の強弱によって、7、8回のいずれか、場合によっては9回でも自在に使えるユーティリティーリリーバーだったのである。

【次ページ】 多くの評論家からの批判もあった。

1 2 3 4 NEXT
原辰徳
阿部慎之助
山口鉄也
中川皓太
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ