リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

リーガ準備不足にドクター警鐘も、
イスコ、デヨングらケガ人続出中。

posted2020/06/26 11:40

 
リーガ準備不足にドクター警鐘も、イスコ、デヨングらケガ人続出中。<Number Web> photograph by Getty Images

過密日程の中、メッシらが座り込むシーンを目にすると感染する側も不安になる。ケガ人続出はリーガ再開の“コスト”なのだろう。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 リーガ再開日が確定した5月末、おおいに心配されていたのは故障リスクの高さだった。なにしろ準備期間が短すぎる。

 個別という制限付きで練習が再開されたのが5月上旬。10人までのグループによる練習が許可されたのが5月18日。6月1日にチーム練習を始めたところで、試合までは10日あまりしかない。

 リーガの選手たちは3月中旬には外出を控えるようになった。それからおよそ7週間、サッカーの練習と呼べるものはしてこなかった。おかげで深部感覚が鈍っている。状況に見合った信号を脳が筋肉に即座に送るメカニズムが、おかしくなっている。

 だから試合中、その修正が間に合わない。

バルサの元責任者もリスクを指摘。

「5週間あればフィジカルコンディションを整えることはできる。が、チームで練習して試合に備える期間が2週間未満というのは短すぎる」

 セルタのメディカルチームの責任者であり、スペイン代表のドクターも務めるフアン・ホセ・ガルシア・コタは5月下旬にこう指摘している。

「ケガの予防は身体の使い方を平常化することから始まる。サッカー選手の場合、できる限り試合に近い状況を作ってチーム全体で練習したり、練習試合を実施したりする必要があるということだ。そうすることによって、本番での身体の動きに身体自体が慣れていく」

 準備不足の状況下で痛めやすいのは足の筋肉だが、関節や靱帯も危ないとバルセロナのメディカルチームの元責任者ジョルディ・アルデボルは言う。

 リスク因子は、同じく実戦的なチーム練習の少なさである。

「試合で必要な動きを身体が忘れている状態は、膝にとって危険です。シーズンの始めに十字靱帯を痛める選手が多いのはそのせいです」

【次ページ】 イスコ、デヨング、ホアキンが。

1 2 3 NEXT
イスコ
レアル・マドリード
フレンキー・デヨング
バルセロナ
ホアキン・サンチェス
ベティス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ