球体とリズムBACK NUMBER

クロップの熱いリバプール優勝談話。
「重圧を背負ってきたジェラードに」

posted2020/06/26 20:00

 
クロップの熱いリバプール優勝談話。「重圧を背負ってきたジェラードに」<Number Web> photograph by Getty Images

リバプールの30年ぶりリーグ制覇で、聖地アンフィールドはこんな状況に。クロップ監督率いるチームはついに重い扉を開いた。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 望まれた形ではなかったものの、リバプールが30年ぶりのイングランド1部リーグ優勝を決めた。

 彼らは現地時間24日にホームでクリスタル・パレスに4-0で圧勝しており、翌25日に2位マンチェスター・シティが敵地でチェルシーと引き分け以下の結果に終わると、クラブ史上19度目のリーグタイトルを手にすることになっていた。

 そしてチェルシーが2-1でシティを下すと、マージーサイドでは多くのリバプールファンが外に出て、宿願のリーグタイトルを盛大に祝ったようだ。

 現地メディアが報じた映像を見ると、空には花火が上がり、人々は独特のアクセントで歓喜の言葉をまくしたて、暗闇に包まれたアンフィールドの門の上では赤い発煙筒が焚かれていた。優勝したチームの地元の風景としては、どのシーズンともほとんど変わらないものだ。

コロナ禍の中止危機を乗り越えて。

 だがもちろん、今季はほかのシーズンとは異なるものだった。新型コロナウイルスの影響で3月上旬の第29節を最後にリーグが中断され、再開の目処が立たない頃には、シーズンをなかったものにするという可能性も検討されていた。それはつまり、中断された時点で後続に25ポイントもの大差をつけて首位を独走していたリバプールの優勝が、認められなくなるというものだ。

「その話が出た時は、わお、それは本当に本当に受け入れがたいものだと感じていたよ」とリバプールのユルゲン・クロップ監督は、リーグの再開が決まった後に話していた。

 フットボール発祥地を代表する名門クラブのひとつ、リバプールの歴史には、栄光の陰に悲しみがある。今季のプレミアリーグが途中で終わっていれば、ヘイゼルの悲劇、ヒルズボロの悲劇、スティーブン・ジェラードのスリップらに続き、COVID-19のタイトル剥奪などと呼ばれることになったかもしれない。

 しかしリーグの再開が決まると、初戦こそ敵地でのマージーサイドダービーをゴールレスドローで終えたものの、実質的に優勝を決めたクリスタル・パレス戦では、諸々の鬱憤を晴らすように赤いマシンが爆発した。観客のいないアンフィールドには映像からでも異様な静けさを感じたが、ピッチ上には試運転を経て本当の姿を取り戻したリバプールの姿があった。

【次ページ】 アーノルドが口火を切り、サラー。

1 2 3 NEXT
リバプール
ユルゲン・クロップ
ファビーニョ
マンチェスター・シティ
チェルシー
スティーブン・ジェラード

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ